Diary 2003. 4
メニューに戻る
4月20日 (日)  Aさん

ずっと前にメールで知り合ったAさんが遊びにきてくれた。
馬の話、山菜の話、ハーブの話、ログハウスの話、・・・、色んな話が出来て楽しい一時だった。
敷地をいろいろと見てまわり、お土産にいいかなと思って、沢に降りてクレソン採りをした。
頂いたケーキ、美味しかったです。ありがとう。
私の特製(苦笑)、ハーブティー・パスタ(ジェノベーゼ)・ボルシチは口に合ったかな?


4月19日 (土)  

朝起きて、窓から外を見てみると一面真っ白だった。
重たい湿った雪がボトボトと降り続き、結局雪がやんだのは夕方になってからだった。
すっかり周りの景色は冬景色となり、とても春とは思えない。
せっかく大分融けてきてたのに・・・。まだまだ春は遠いのか。


4月18日 (金)  色々と感謝感謝

友達のRさんにプレゼントされた新潟のお酒を、
同じくプレゼントされた青い器でチビリチビリと飲んだ。
すごく美味しくってクイクイと進む進む。幸せを感じてしまった。
わざわざ贈ってくれたんだなぁって思いながら飲むと、なおさら美味しい。
Rさん、ほんとありがとう。

以前に福井のYさんから頂いた美味しいお米が底をつきそうだったので、
売ってくれませんかと昨晩メールしたところ、今日電話があって送ってくれたとのこと。
あまりのスピードにビックリ。そして同じく感謝感謝です。


4月17日 (木)  パパラギのパン

東武でパパラギのパンを買った。
なんとなく好きなんですよね〜やわらかくむにゅむにゅするパンって。


4月16日 (水)  不思議な飲み会

夜、動物が好きな人たちが集まるから来ない?、と誘われていたので行ってみた。
するとそこにはムツ牧場とムツゴロウ動物王国のスタッフさん達が。
色々な話が聞けて楽しかったし、普段飲み歩いたりしないので刺激になった、かな。

ブルーボトルさんに注文していたキッチンハーブが届く。
こういうのを見るとわくわくするなぁ。


4月15日 (火)  ゴールデンウイークは・・・

今年のゴールデンウイークはたったの3連休。
有意義に過ごすためにも旅行計画を練ってみた。
ファーム富田にでも行ってラベンダーの苗でも買ってこようかな。
キャンプもしたいぞ。


4月14日 (月)  白樺シロップ

朝は白樺の樹液を集めるという作業が出来た。
1日に1.5リットルくらい集まるけど、
4リットルの樹液があっても、煮詰めてシロップにすればたったの100ccにしかならない。
なんと貴重なシロップ。
メイプルシロップが高いのも頷ける。


4月13日 (日)  レシピ

北海道知事選挙、北海道議会議員選挙に行った。
たかが1票、されど1票。
政治家への不信感があっても、選挙を放棄してはいけません!

昨日採ったクレソンと今朝採ったフキノトウで料理をした。
クレソンのビシソワーズ、クレソンとフキノトウの天ぷら。
クレソンはピリッとした辛味が心地いい。

このサイトへよく「レシピを作ってほしい」という要望が寄せられるので、重い腰をあげて作ってみた。
料理については、いつも分量は適当だし思いつきで作ってしまうので、
どうやって書いたらいいか悩みましたよ〜。


4月12日 (土)  白樺の樹液採取

ようやく春を感じられるようになってきたので、
今か今かとずっと楽しみにしていた白樺の樹液採りに挑戦してみる事にした。
草花が一斉に芽を出し始める、この時期にしか採れないのだ。
まずは元気の良さそうな白樺を探し、ドリルで直径1cm、奥行3cmほどの穴を多少上向きにあけて、
そこにピッタリ合うホース上のものを差し込んでやる。
すると、・・・、ポタッ、ポタッと樹液が垂れてくるではないか!
大喜びで空いたペットボトルを準備した。
明日の朝には一杯になっているだろうか。
そのまま雪深い敷地を苦労しながら川の方へ降りていってみた。
まだ山菜採りには早すぎたが、一応クレソンは採取できた。
今年の春は遅いのう・・・。

20030412-1.jpg



4月11日 (金)  雪融ける牧草地

暖かい一日だった。
ようやく雪が解けて牧草地もところどころで露になり、おもしろい模様を形成している。
週末はあまり天気が良くないらしいが、春を探してみようかな・・・。

夜、友達のRさんから新潟の日本酒が届いた。
なにやら新潟物産展のようなイベントがあったらしく、試飲しながら選んでくれたそうな。
いつもいつもありがとう。感謝の気持ち、絶えません。
大切に、味わって頂きたいなと思っています。


| 1 | 2 | 3 |