Diary 2004. 10
メニューに戻る
10月11日 (月)  鶴見峠、キンムトー、第二硫黄山、ボッケ、硫黄山、川湯温泉駅・・・

朝5時過ぎに起床。
すぐに車を動かして釧路を後にし、
鶴居村から鶴見峠に行ってみる事に。
天気は雨(霧雨)で視界は悪く、
おそらく景色はいいんだろうけど十分に堪能できなかった。
それでも紅葉は見事。
霧の中浮かび上がる紅葉は美しい。

鶴見峠を越えて弟子屈方面へ。
気になっていたキンムトーという沼に行ってみた。
弟子屈の美留和をすぎてちょっと行ったところから林道に入る。
ひたすら紅葉美しいダートを走って行くと、
まず第二硫黄山とボッケのある場所に辿り着いた。
どちらもいまいち硫黄の噴出が十分ではなく、
迫力にちょっと欠けたのはちょっと残念だった。
卵を蒸すには・・・ね(苦笑)。
そしていよいよキンムトーへ。
静かな沼は山の紅葉を映しとって神秘的な雰囲気があった。

キンムトーを後にして砂湯方面へ抜けて硫黄山へ。
硫黄山で駐車料金をとられるのが納得いかないので、
川湯温泉街を抜け、
ツツジが原から散策路を歩いて硫黄山を目指す事にした。
散策路はとても立派で、
景色も独特で美しく、
環境客が溢れている硫黄山の硫黄吹き出し口とは別の斜面へ行ってみた。
誰もいない山から見る風景は格別だ。
ここなら好きなだけ卵も蒸せるが、
ちょっと来るまでに苦労が多すぎるかも(苦笑)。
また車に戻ったら今度は逆方向、
川湯温泉駅前の青葉トンネルから硫黄山へ行く散策路を歩いてみた。
こっちの方がわずか500mくらい歩いただけで硫黄山に出るので、
単純に硫黄山へ行きたいならこっちの方がいいかも。

硫黄山を後にして川湯温泉駅に行ってみると、
ちょうど紅葉ノロッコ号が停車中だった。
駅の中にあるオシャレな喫茶店「オーチャードグラス」に入ろうとしたけれど、
満席で入れなかった。
残念。
紅葉ノロッコ号が発車して去って行くのを見送って帰宅した。

紅葉を楽しむ旅を満喫する事が出来た。
ん〜お腹いっぱい!

20041011-1.jpg 20041011-2.jpg 20041011-3.jpg



10月12日 (火)  ダーリンは外国人

メディアファクトリーから出版されている、
「ダーリンは外国人」という漫画を相方が欲しいというので、
セイコーマートで買って俺も読ませてもらった。
この漫画に出てくるトニーは俺に似ていると相方は言う。
どこが?と訪ねると、
いつも何か考えているところ、
前向きで建設的な考え方をするところ、
穏やか光線を出すところ、などだそう。
まあ確かに言えてるかも。
変にトニーに親近感が湧いてしまった。
でもこの漫画、結構面白いですよ。
お勧めです♪


10月13日 (水)  ボルシチ♪

今晩の夕食は久々のボルシチ。
我が家で栽培したテーブルビートを使って作ったボルシチは、
やっぱり最高にうまいのでした。
寒くなってくるとボルシチとか、
ロシアの料理に心惹かれるなぁ・・・。
あと鍋。


10月14日 (木)  なんと熊!

昨日、中標津の市街の側にある公園で熊が出没したらしい。
ちょうど市街から郊外へ抜ける途中にある場所なんだけれど、
こんなところまで熊が来るなんてすごいな〜。
ある意味自然に恵まれているんだろうけど(苦笑)。
でも熊が出たって別にとりたて騒ぐ事でもないのにな。
北海道は熊がいて当たり前。
熊がいなくなってしまった土地よりは、
熊と共存できる土地の方が魅力的かなと。
そりゃあ人間が襲われる事もあるだろうけど、
弱肉強食、ごく自然の現象だろう。
熊に襲われるのもまた運命。
仕方の無い事さ〜。

夕食はボルシチとピザ。
二日目のボルシチの方が野菜の甘みが出てて美味しいな〜。
ピザはもちろん生地から手作り〜。
具はズッキーニにソースはバジルソースです。

20041014-1.jpg 20041014-2.jpg



10月15日 (金)  北見へ(全道祭典ばんば1才馬決勝大会)

明日から全道祭典ばんば1才馬決勝大会が北見競馬場であるので、
今日から会場準備もかねて2泊3日で北見市へ出張します。

全道祭典ばんば1才馬決勝大会とは、
全道各地で行われている草ばんば(草競馬)の1才馬のレースで上位入賞した馬が一同に集い、
全道ナンバーワンの1才馬を決めるのです。
1才馬という事は来年2才になってばんえい競馬のテストを受ける有力馬が集まるわけで、
農家が自分で生産した馬に自分で騎乗でき、
生産者にとっての意気高揚という意味合いもあるんですね。
しかも行われるのは北見競馬場。
いつもどおりばんえい競馬が行われているわけで、
その7レースと8レースの間に特別レースとして組んでもらっています。
両日とも時間的には14時過ぎ発走となるので、
もし興味のある方は競馬場までお越し下さいませ。
観客へのファンサービスとして予想投票もやってますよ〜。
ちなみに16日にメスのレース、17日にオスのレースを組んでいます。

写真は途中の美幌峠から撮った屈斜路湖。
天気が抜群に良く素晴らしい景色でした。

20041015-1.jpg 20041015-2.jpg 20041015-3.jpg



10月16日 (土)  全道祭典ばんば1才馬決勝大会1日目(♀)

北見競馬場にて1才雌馬の決勝大会が行なわれる。
早朝5時過ぎにホテルを出て競馬場へ入り、
全道から集まってくる人馬の確認、
賞品の仕分けや衛生検査書類などを回収する。
俺はファン投票係という事で、
朝から正面ゲートで来場者へ出馬表(予想投票用紙)をひたすら配る。
1時間おきに投票された用紙を回収して随時集計。
祭典ばんばは7レースの後、8レースの前に組ませてもらっていて、
7レースが終わるやいなや出場馬の本馬場入場とアナウンス。
出走は14時23分となった。
レースはスタートこそうまく決まったものの、
胴びきや手綱が切れる馬がおり、
停止してレースを諦める馬もいれば、
途中大きくコースを斜めに突っ走るという大ハプニングを起こす馬まで。
邪魔をされたとかされないとかいう問題よりも、
人馬共々特別大きな怪我がなかったのは幸いだった。
この雌馬のレースを制したのは、
釧路地区選抜馬の「マンテン」号。
我が根室地区選抜馬は「エンジュテンリュウ」号が2着、
「アシゲ」号が4着、
「ナイエヒメ」号が5着という結果となった。
レース後は表彰式とファン投票の抽選を行い、
最終レースが終了する17時過ぎまで入場ゲートで賞品の引き換えをしていた。
一日中外で寒い中立っているのはやっぱり辛かったし、
今回はレースもすごかったので(苦笑)、
どっと疲れてしまった〜。

20041016-1.jpg 20041016-2.jpg 20041016-3.jpg



10月17日 (日)  全道祭典ばんば1才馬決勝大会2日目(♂)

昨日に引き続き今度は雄馬の決勝大会が行なわれた。
流れは昨日とまったく一緒。
ただ、昨日よりも風が強くより寒かった。
日曜日という事で馬車が場内を運行していたり、
農産物やきのこ鍋の無料配布などもあって、
来場者も多い事もあって昨日よりは賑やかだった。
で、肝心のレースの方はというと、
昨日みたいなハプニングもなく無事終了。
北見地区選抜馬「ホリノキング」号が制した。
根室地区選抜馬は「キープ」号が3着、
「キリンボー」号が4着、
「ミツクニ」号は競走中止という結果となった。
全ての仕事を追え帰路に着いたのは17時半で、
19時半には帰宅した。

帰ってくるやいなやそらさんと合流し、
今度はSさん宅へ。
色々と離農跡地の話などが出来て有意義だったと思う。
ワインやチーズをいただきながら話しているうちに0時をまわってしまい、
すっかり長居してしまった。
楽しい時間はあっという間だな〜。

20041017-1.jpg 20041017-2.jpg 20041017-3.jpg



10月18日 (月)  一面真っ白〜!

朝いつものように6時頃作業に外に出ると、
一面真っ白だった。
そう霜ががっちりと降りて美しかった。
だんだん冬が近付いて来てるな〜としみじみ。


10月19日 (火)  ピッグファーム大山

早朝は豆(種類は忘れた・・・)を収穫。
白と紫の模様がきれい。
豆の魅力って鞘を開いた時の瞬間にもあると個人的には思う。
なんて美しいんだろうって。

馬の登録で中標津のピッグファーム大山へ行った。
もちろんその名の通り豚を生産しているところで、
馬もおまけで飼っているわけで。
ここは豚肉を直販しているのでついつい衝動買いしてしまった。
バラ、ロース、ウデ、ホルモンなどの普通の豚肉もあれば、
餃子やハンバーグなどのオリジナル商品もある。
何より自分のところで生産したものを提供しているわけで、
質の高い安全なものを安く手に入れる事が出来る。
おまけで背脂も貰っちゃった♪
おすすめですよ〜。

20041019-1.jpg 20041019-2.jpg 20041019-3.jpg



10月20日 (水)  馬の輸送

十勝牧場の譲渡馬などの輸送でこちらから十勝まで往復した。
十勝で馬を積み込み、
それぞれの馬を根室管内の新たな所有者まで配達するので、
すべて終わったのは23時30分にもなってしまった〜。

20041020-1.jpg 20041020-2.jpg 20041020-3.jpg



| 1 | 2 | 3 | 4 |