Diary 2002. 11
メニューに戻る
11月10日 (日)  紅の100日記念

午前中写真館に電話を入れて、11:30に撮影の予約を入れる。
ところがちょうど七五三でスタジオはとっても混んでいた。
カメラマンは子供を笑わせて写真を撮ろうと、
前後左右に飛び跳ね、妙な言葉を叫びながらシャッターを切っている。
その姿を客観的に見ていると笑える。
とにかく待ち時間や着替えの時間なども含め、2時間以上はその場にいた。疲れた疲れた。
一休みした後妻の実家を出発。
またまた阿寒横断道路を越えて中標津に帰ってきたらとっても星空が綺麗だった。


11月9日 (土)  帯広へ

朝、薪ストーブに火をいれて、豚の角煮をさらに煮込む。
飴色になった角煮は美味しかった。
この角煮なら誰に出しても恥ずかしくないな。
スカパーのスターデジオのシーズンミュージックはもはやクリスマスの曲が流れ、
ログハウス、間接照明、薪ストーブの炎と雰囲気的にもロマンティック。
感慨深げな一時を過ごした。

長女、紅の100日の記念写真を撮りたいと妻が言っていたので、夜帯広の妻の実家へ向かう。
道中、弟子屈から足寄のオンネトー付近まで吹雪で完全な雪道だった。
視界は悪く、タイヤは滑るし、普段よりも疲れた〜。


11月8日 (金)  豚の角煮

早朝は薪切り。
会社から帰ってきて、何だか無性に料理がしたくなって豚の角煮を作った。
根室の地酒「北の勝」だけで煮込み、ちゃんと昆布、鰹のダシも使った。
圧力鍋で30分ほど煮込んだ後、ちょこっと味見してみる・・・うっまーーーい!!!これはいける。
明日は薪ストーブに鍋をかけ、じっくり煮込んで食べるのだ。楽しみ楽しみ。


11月7日 (木)  栄星に乗馬

早朝から木を切って薪を作ろうと思ってチェーンソーを取り出し、
給油しようとガソリンタンクを見てみると中が空っぽ。
仕方なく薪作りは中止。
で、栄星に乗った。久々に乗るので元気一杯。跳ねる跳ねる。
いきなり首を下げ、蹴り上げられる動作はまさにロデオ。
そのうちに耐えきれず、鞍の前橋に股間をぶつけ、
そのまま前宙にて地面に背中から叩きつけられた。痛い。滅茶苦茶痛い。
しばらくその場から動けず、のたうちまわっていた。
動けるようになってから栄星に再び跨る。
それからの栄星は大人しかった。とりあえず元気を発散し、気が済んだのだろう。
ちょっとした運動を30分ほどやったのだが、栄星は汗をかいている。
大した運動もしていないのに、まだまだ体力が十分ではないのだろう。
少しずつ頑張ろう。お互いに体がもたない(苦笑)。


11月6日 (水)  ロシア語サークル

とても寒い一日だった。
ロシア語サークルの日で、仕事が終わった後時間があったので、モスバーガーにて時間をつぶした。
一人でこういう場所に来て時間をつぶす事は滅多にしないけれど、こういうのもいいなって思った。
ロシア語を終え、家に帰るときの気温は、氷点下3.8℃。寒い〜。


11月5日 (火)  事故処理

恥ずかしながらも事故車を運転しつづけ帰社する。
予想通り事故車は野次馬がたかることに。
上手く心臓部を傷つけないで、フェンダーだけ取り去った技術は評価されるべきものか(苦笑)。農協の共済担当者が来て写真をとったり、事故状況の聞き取りを終えた後、
機械センターの担当者が事故車を持っていった。
事故報告書をなんだか惨めな気分で書いて今日の仕事は終了。ものすごく疲れた・・・。


11月4日 (月)  祭典ばんば1才馬決勝大会

旭川競馬場にて祭典ばんば1才馬決勝大会を開催した。3日は♀、4日は♂。
根室管内からは♂1頭、♀3頭が選抜されてこの大会に臨んだが、
見事「エンジュオーカン」号が♀の部でぶっちぎりの優勝をかっさらった。
所有者は中標津町の延寿武好氏。
来年のばんえい競馬のテストが楽しみである。
私はというと、今年もファンサービス部門を担当し、
正面ゲートにて出走表の配布、予想投票用紙の回収、予想投票当選者へ商品引渡しなどを行った。
吹雪の中、ひたすら立ち続けるこの仕事は辛い・・・。


11月2日 (土)  事故

11月3・4日と旭川競馬場で全道祭典ばんば1才馬決勝大会を開催する。
今日はその準備に行く予定だった。
新得までは晴れてたものの、狩勝に入るやいなや雪。南富良野からは大雪だった。
南富良野の西達部から麓郷、布礼別、上富良野と抜ける裏道に入るといっそうひどい雪道。
気をつけて走っていたが、麓郷の手前4kmにて単独事故をおこしてしまった。
轍に足を取られ、ブラックアイスバーにのって、そのままガードロープに激突、跳ね返されて止まった。
左前のフェンダーが全部取られてすべてが剥き出し状態に。
上司や、加入している農協の自動車保険へ電話して、
走る事は出来たので麓郷の交番で事故処理、そのまま旭川競馬場に入った。
来る途中は色んな人の注目の的で恥ずかしいったらない。
割愛したけれど、この事故の前に左前タイヤがパンクして、スペアタイヤに交換、
帯広にて左前1本だけ新調していたのだ。
この車の左前は厄でもついているのかしらん・・・。
とりあえず最悪の一日だった。でも生きてて良かった。
崖下に落ちたら終わってたし、相手がいたら大変な事になっていた。
この車で4日まで旭川にいて、中標津までそのまま帰るのはなんだか嫌な気分だな・・・。


11月1日 (金)  仕事時間

11月からは会社の勤務時間が冬時間となって、始業は30分遅く、終業は30分早くなる。
別に朝起きる時間は5時と決まっているので、その分たくさんうちでの作業が出来るのが嬉しい。
要望を言えば、勤務時間を朝5時から昼の12時までとして欲しいな。
無駄な昼休みもいらないし、
午後から完全にフリーとなるなら、作業にしろ趣味にしろたくさんの時間を持てるのに・・・。


| 1 | 2 | 3 |