Diary 2003. 3
メニューに戻る
3月11日 (火)  根室馬事振興協議会青年部会

根室馬事振興協議会青年部会の総会を開催。
終了後、帯広畜産大学の宮澤助教授を招いて、馬産講習会を併催した。
青年部のメンバーに獣医師が大分増えてきたおかげで、活発な意見交換もなされ、
そして若さのエネルギーがみなぎってきたように思う。


3月10日 (月)  懸賞生活?!

まだまだ風は強く寒い。朝は相変わらず除雪に追われた。
懸賞に応募していたコンサートのチケットと映画大全という本が当たり、
気を良くしてネットでたくさんの懸賞に応募してみた。
果たしてどれくらい当たるものか。目指せ懸賞生活?!


3月9日 (日)  いつもと違ういつもの風景

暴風で雪が吹き溜まりになっていたので朝から除雪。
鶏に餌をやりに行っても栄星がいない事が寂しい。
昨日の出来事を思い出しては、悔しくて眠れなかった。

F1が開幕。
今年は日本人ドライバーがいないのであまり興味はないけれど、
ホンダとトヨタが速そうだし、レギュレーションの変更で面白くなってきたのでついついテレビ観戦。


3月8日 (土)  愛馬が強奪された

馬が盗まれた。と言ったら過言だろうか。
愛馬「栄星」は元飼主によって強制的に引き上げられたのだ。
実は昨日事務所にて、その方より馬の飼い方が悪いから引き上げると罵られ、それが現実となったのだ。
栄星は痩せ気味ではあたったけど、草は食べ放題、配合は1日2回、ブラシがけは毎日、
悪天候の日のみ馬房にいれるという飼い方をしていた。
問題になる程のものでもないけれど、ベテランのWさんに相談した事もあって、
一時的なものかもしれないが内臓が悪いのかもと、ただ、気にする事はないということだった。
愛馬心を持って接していたし、それを非難される筋合いはないと思っている。
離婚する際にも事務所でかなり罵られたし、なんだかんだと離婚問題を盾にとられているのであろう。
確かに馬は好意により譲り受けたものだが、馬の所有者は私のはず。
いかなる理由があったとしても、所有者の了承も得ず、
しかも知らない間に厩舎から馬を連れ出して運び去るなんて、やり方がおかしい。
納得は出来ない。不法侵入、そして窃盗じゃないのか、これは。
引き上げるにしても、立ち入る前に一言言ってからが筋だと思う。

離婚に至る原因は当事者にしかわからないもの。
勝手な思い込みで全てを決め付け、口に出すのは間違っている。
離婚に関する事も色々言われたが、半分も合っていない。
元妻から何を聞いたのか知らないけれど、片方からの話を100%信じ、
私からの話を初めから聞こうとしない人に対し、一体何を喋ろと言うのか。
勝手な噂を広めればいい。何を非難されようと、噂ごときに振り回されたりはしない。

後から恩着せがましく言うくらいであれば、始めからやらなきゃいい。
職場にやってきて、プライバシーに関することを大声でふれまわるのは、
精神的苦痛以外のなにものもないし、反論する気にもならない。
職場だって同じ。こういう状況下でも誰も何も言わない。笑ってるだけ。
時としては家族的なつながりを要求するけれど、やっぱり赤の他人同士。
こういう環境では自分を出さないほうがいいと思った。

全てがバカバカしくなってきたなぁ。
なんだか離婚を通じて人間関係がガラッと変わってしまった。
どうしてそうなるんだろう?誰を信じていいのか分からない。
私は子供の頃酒癖の悪い父親の暴力に耐えてきた。
毎日仕事から帰ってくる父親が恐怖だった。
家庭はいつもピリピリしていて、結局両親は離婚。
それだけに終わらず、後の父親の死亡によって、遺産相続の醜い争いを見てきた。
母親は借金だけを被って破産もし、挙句の果てには大学1年生の時に俺の苗字まで変わってしまった。
幼少期から血族を信じられない環境下にいたからこそ、独立心は強く、自分や親友を強く信じ、
いつも前向きに夢を一つ一つ実現するエネルギーに変換してきたのかもしれない。
結局血の繋がりなんてあてに出来ないのだから、
信じられるのは自分と、本当に心を許せる数人の友達なのだ。
だから自分も離婚に踏み切れた。
子供は両親がいるから幸せになるのではない。
自分を本当に理解し、高めてくれる両親でなければ、いない方がいいとまで思う。
子供は親の考え方を投影する対象ではない。
子供の独立を陰ながらバックアップするのが親の役割だ。
私は子供が立派な人間に成長する為にも離婚が必要だと感じたのだ。
いくら社会的地位が落ちようと、周囲から陰口を叩かれようと、
ちっぽけな見栄で維持するようなものではないのだから。
婚姻関係は夫婦間の気持ちが離れてしまったのならば解消した方がいいと私は思っている。
良好な夫婦関係がなくして、良好な親子関係はないのだから。


3月7日 (金)  日本酒は酔う

仕事帰りにWさん宅へ寄る。
このまえ差し上げた日本酒が出てきて、空きっ腹にガンガン飲んだらべろんべろんに酔っぱらった。
でも明日と明後日休みだから幸せ〜。


3月6日 (木)  東京よりネット通販

東京出張2日目。
午前中で会議は終わり、午後から飛行機の時間まで余裕があったので、浜松町の本屋で立ち読み。
渋谷か新宿の東急ハンズでソーセージ作りのための羊腸を買おうかと思ったけれど、
結局インターネット通販の方が安いし便利なので諦めた。


3月5日 (水)  東京では梅の花

東京へ出張。
中標津発着便の飛行機を使うと3泊4日になるため、1泊2日ですむ釧路空港を利用した。
前日の雪で釧路市街の道路はズルズル。
中標津から釧路空港まで2時間30分もかかってしまった。
東京に着くと、まず暖かい。
梅の花が綺麗に咲いているのが印象的だった。


3月4日 (火)  雪に埋もれる

昨夜から雪はひどくなり、早朝必死で除雪した。
でも風は強く、雪は降りつづけてたので、すぐに雪に埋もれてしまう。
会社は帰宅できなくなる可能性もあることから休ませてもらった。
こんな日は一日中料理をするのだ〜。


3月3日 (月)  適当に料理

ここ数日春の訪れを感じていたのに、午後から雪。かなり降っている。
やっぱりまだまだ春は遠いなぁ・・・。
夜はイタリア風鶏肉のトマトソースグラタン(適当な命名)とオリーブオイルライスを作った。
レシピはない。適当適当(苦笑)。


3月2日 (日)  帯広へ

用事があって帯広へ行く。
モダ石油のセルフスタンドは軽油64.5円/g。
中標津よりリットル単価で20円も安く、満タン給油すると1000円の差になる。これは大きい。
ついでに教えてもらった散髪屋に行く。
1時間半待たされたけれど、カット1200円。金欠にはありがたい〜。


| 1 | 2 | 3 | 4 |