Diary 2001. 11
メニューに戻る
11月30日 (金)  雪の我家

本格的に雪が降る。
辺り一面真っ白となり、いよいよ冬の到来。
薪割りも終わっていないのに果たして冬は越せるのか・・・。

20011130-1.jpg



11月27日 (火)  道東三地区馬事青年部合同研修・懇親会

道東三地区馬事青年部合同研修・懇親会を中標津町で開催する。
初めて根室が担当地区になって、事務局として落ち着かない日々が続いていた。
この日のために根室馬事振興協議会青年部の役員らと一緒に春から準備をしてきたかいがあり、ばんえい競馬関係者、騎手、調教師も含め、総勢70名もの人間が集まり、無事修了することが出来た。
相変わらずみんな威勢良く、明け方まで酒宴は続くのであった・・・。
何はともあれ、本当にほっとした。

騎麟が拍手するようになる。意味を知ってか知らずか、嬉しそうに手を叩いているではないか。

20011127-1.jpg



11月19日 (月)  しし座流星群

しし座流星群を見る。
周りに明かりがないので家にいながらにして素晴らしい天文ショーを拝めた。

この頃第2子の妊娠が判明。おめでたである。


11月14日 (水)  騎麟が階段を登る

騎麟が階段の登頂に成功。ついに2階へ。


11月13日 (火)  騎麟が歩いた

騎麟、初めて2・3歩歩く。まだまだ頼りなげだ。


11月11日 (日)  騎麟の断髪式

騎麟、断髪式。
髪の毛が伸びてうざったくなったので、急遽髪の毛を切る事に。
買ってきたスキカルで瞬く間に坊主と化して、どことなく大人びた。


11月4日 (日)  全道祭典ばんば1才馬決勝大会

3〜4日と、全道祭典ばんば1才馬決勝大会が北見競馬場で開催される。
優勝したのは、♂の部:根室代表「カイショウダイジン」号(大道實)、
♀の部:釧路代表「カワノムテキ」号(川原信一)。
昨年に続き根室代表馬は頑張った。

北見競馬場から帰ってくると、中標津は初雪でうっすらと雪化粧。

20011104-1.jpg