Diary 2001. 9
メニューに戻る
9月30日 (日)  第2回根釧乗用馬市場

第2回根釧乗用馬市場を開催する。
各地で馬のイベントとぶつかってしまい、購買者が少なく、前年度の販売実績の4分の1・・・。
1頭あたりの平均価格は70万円程度。

20010930-1.jpg



9月29日 (土)  果実酒を漬ける

収穫したスモモとヤマブドウの酒を漬ける。
これで今年は梅酒を12リットル、スモモ酒を16リットル、ヤマブドウ酒を4リットル漬けた。
熟成が楽しみ〜。

午後から農家さんが薪を持ってけ〜と言ってくれたので、急遽チェーンソーを持って行く。
馬が木の皮をはいで立ち枯れした木を切って薪にして良いとのこと。
せっせと働いて、1か月分くらいはたまったかな?

20010929-1.jpg



9月24日 (月)  キノコ狩りと川釣り

22〜24日、急にキノコ狩りがしたくなり、本屋でキノコの本を買って近くの山へ行く。
オシロイシメジ、ハタケシメジをたくさんとった。
どんどんレパートリーを増やしていきたい。ヤマブドウもとった。

さらに今度は家の側の俣落川へ釣りに行く。
ヤマメ、イワナ、オショロコマ、ニジマスなどがどんどん釣れる。
キノコといい、魚といい自然の恵みが豊かで家計を大いに助けてくれる。
写真はその時のごく一部。

薪を確保するため、ハスクバーナのチェーンソーを買う。
冬が近いのに薪が無いのは不安だ・・・。

20010924-1.jpg



9月20日 (木)  捨て猫を拾う

職場に捨てられた猫を引き受けることになる。
変な眉があるのでとりあえず「マロ」と名付けてみた。
家の猫「パピコ」がしばらく怒っていたが、その内我が子のように可愛がるようになった。
どんどん家族が増えていく。

20010920-1.jpg



9月17日 (月)  土地を買い足す

夢の実現には少々手狭だった敷地を広げたく、
隣の雑種地約6反(1,800坪)を譲ってもらえないか交渉中であったが、
この日晴れて交渉がまとまる。
滅茶苦茶嬉しい。本当に人のありがたみが身にしみる。
これで所有地は約1町(1ヘクタール:3000坪)となり、
馬を飼うにも、ある程度現実的な面積になったかな。


9月16日 (日)  観光案内

14〜16日と、妻方の親戚が中標津へ遊びに来たので、開陽台や裏摩周を案内する。
家へ1泊した後、別海町の産業祭を見て、知床へ。
斜里で1泊後、小清水原生花園など網走方面を観光して解散〜。


9月13日 (木)  部落のお祭り

部落のお祭りに参加する。
部落の一員として改めて正式に紹介された。何かこっぱずかしい・・・。


9月10日 (月)  騎麟が立ち上がる

騎麟が何もつかまらないで自力で立ち上がるようになった。
まだ3秒ほどしか立ってられないが、いきなりすっくと立った様は得意げだった。


9月9日 (日)  第11回根釧乗用馬共進会

第11回根釧乗用馬共進会を別海町にて開催する。
最高位賞は釧路セントラル牧場出陳、「パバロッティ」号。

またこの日は3回目の結婚記念日。ルーから手作りのカレーを作ってみた。

20010909-1.jpg



9月7日 (金)  第24回北海道和種馬第7回ポニー共進会

恵庭市にて第24回北海道和種馬・第7回ポニー共進会が開催され、
根室管内代表馬を積み、出陳者と共に恵庭へ。

20010907-1.jpg



| 1 | 2 |