Diary 2002. 1
メニューに戻る
1月28日 (月)  休めるはずだったのに・・・

ほとんど寝られないまま朝を迎える。
すると朝7時頃、携帯に部長から電話が入る。
「大雪でそこから出られないだろうから今日は会社休んでいいよ」だって。
しかし私はずっと会社にいるわけで、結局普通どおり働いた。
何か休みを1日損した気分だ。無念・・・。
今冬の中標津は異常に雪が多い。どうしたものか。


1月27日 (日)  事務所で寝る羽目に・・・

日曜日なのに馬事青年部の新年会を夜開催する。
全てが終わって、片付けて精算して、
さ〜やっと帰れると思い途中まで行ったけれど、あれ、道が無い・・・。
そう、この日は夜9時位から大雪になり、吹き溜まりもひどくて家に帰れなかった。
途中で引き返し、会社の事務所で寝る羽目に。寒い・・・。


1月20日 (日)  連合町内会の総会

連合町内会の総会に出席。
改めていろいろな行事があるのにビックリする。
また、抱えている問題もきっとたくさんあるのだろう。
微力ながら極力事業には協力していきたいし、魅力ある街作りを応援していきたいと思う。


1月14日 (月)  美瑛・富良野の旅〜3日目〜

旭岳ロープウェイに行ってみる。
おお、何とスキーが出来るのか。う〜、滑りたかった・・・。
名残惜しいが家路につくのであった。


1月13日 (日)  美瑛・富良野の旅〜2日目〜

「北の国から」の舞台となった、「麓郷の森」へ行く。
テレビで観るのよりログハウスはずっと小さく感じた。
そして旭岳温泉へ。
雪は結構降ってるし、もともと雪が多いからいけるのかどうかちょっと心配だったけど、無事到着。
お宿は「ロッジ ヌタプカウシペ」。本当に山小屋だ。
冬で湯温が低くて露天風呂が使えなかったのが残念だったが温泉はやっぱり最高。


1月12日 (土)  美瑛・富良野の旅〜1日目〜

急遽思い立って美瑛・富良野方面へ旅をする事に。
車を走らせる事7時間、美瑛につく頃にはもう暗くなっていた。
夜は美瑛でぶらりと入った焼肉屋で食べたのだが、これがうまった。
宿泊は途中で予約した「クンストハウス」というところに泊まった。
そこは漆塗りが体験できるところで、思ってたより素敵なところだった。
部屋に入り、次の日の宿泊場所を探す。


1月11日 (金)  騎の誕生日

騎麟、1才の誕生日。今までよく生きてきた。
我家は子供を厳しく育てているので、
寒かろうが下着1枚で元気に走り回ってるし、泣き喚こうが相手にしない。
子供はどんなに小さくても狡賢い。親が隙を見せるとすぐそこにつけこんでくる。
甘やかしていいのなら楽なものだが、
親は子供をその時代に適応できる社会人に育てなければならない。
そのためには子供中心の家族ではうまくいかないのだ。
自分の思い通りにならない事もある、目上の人は尊敬しなければならない、
我慢したり競争したり喧嘩したりすることは成長していく上で必要なものなのだ。
社会に出れば自分の思い通りにいかない事ばかり。
たくさんの壁に立ち向かい、自分の夢を見失ってはいけない。
そのために厳しくしているのだから、強く生きるんだぞ。


1月7日 (月)  御用始

御用始の日。今日からまた仕事が始まるのだ。頑張らねば。


1月5日 (土)  部落の新年会

夜に集落の新年会があったので参加する。
焼肉屋でやったのだが、BSEの影響からかちっとも客がいない。
結局最後まで他には客はこなかった。
今の世の中安全な食べ物なんて無いに等しいんだから、割り切って食べちゃいます。
人間死ぬ時は死ぬのだ。


1月4日 (金)  カツカレー

ではこの日は何を作ったか?ふふふ、カツカレーです(笑)。


| 1 | 2 |