Diary 2002. 12
メニューに戻る
12月31日 (火)  卵を硫黄で蒸す

大晦日。
でもじっとしてはいられないので、朝すき焼きを仕込んで硫黄山へ蒸し卵を作りに行った。
前回の反省から今回は火バサミや蒸し器持参(笑)。
途中のスーパーで卵を1パック買った。
硫黄山にて蒸し器に卵を入れ、硫黄の噴き出し口に置くこと15分。
おいしいおいしい蒸し卵の出来上がり。
帰る途中に養老牛温泉に寄って、右手を療養。
夜は朝仕込んだすき焼きと蕎麦を打った。
年越し蕎麦もやっぱり自らの手打ちじゃないとね。右手はとても痛いけど(苦笑)。

20021231-1.jpg



12月30日 (月)  おのれ野良猫めっ!

大惨事発生。昨日の猫にまたしてもしてやられた。
朝餌をやりに厩舎に行ってみるとものすごい量の羽と鶏の死体が。
殺されたのは名古屋コーチンの♀1羽とイサブラウンの♀1羽。
あまりに腹がたったので、逃げまくる猫をとっ捕まえ、格闘するうちに右手をかまれ大出血。
血は止まったけれどズキズキと痛い。
残っているのは名古屋コーチンの♂♀1羽ずつ。
ついに繁殖させることの出来る最低レベルまで減ってしまった。
卵を産み始める春まで何とか生き延びてほしい。
有精卵を孵化させ、ひよこをとって増やさなければ・・・。


12月29日 (日)  鶏が・・・

年賀状も出し終わり、Nさん宅へ馬のための鉱塩入れを貰いに行く。
休んでいけというのでお言葉に甘えてお邪魔すると、昼食まで出てきて恐縮。
おまけに豚肉のお土産まで頂いてしまった。
帰宅して厩舎に行ってみると、どこかの野良猫がさっと逃げていった。
鶏の羽が散らばっているので、ん?と思って乾草ロールの方へ行ってみると・・・殺られた鶏が!
何てこったい。
いつも柵を飛び越して一緒について歩いてくる、一番懐いていたイサブラウンが無残な姿に。
名古屋コーチンが無事だったのは不幸中の幸いだが・・・。


12月28日 (土)  ラツィオ風カルボナーラ

御用納め。一年は早い。
年末調整でものすごい金額が返ってきてちょっと嬉しい。
ドブロクをもらったから年末年始はこれで決まり?!

夜は初めてクリーム系のパスタを作ってみた。
生クリームを使わないラツィオ風カルボナーラ。
ニンニクとベーコンをオリーブオイルで炒め、
日本酒「北の勝」(本当は白ワイン)を注いでアルコールを飛ばしたら、
バターとチーズとハーブをいれて火を止める。
少しフライパンが冷めたらパスタを絡めて、といた卵を流しいれさらに絡めて出来上がり〜。
卵がダマにならなかったし、すごく美味しく出来た。
またひとつレパートリーが増えたな。


12月27日 (金)  忘年会

会社の忘年会。いつもガンガン飲む人がドクターストップで飲まなくなりちょっと寂しい。


12月26日 (木)  鮭のオイルパスタ

根室のKさんから花咲ガニが3匹届いた。無茶苦茶うまそう〜・・・。
でも今晩は貰った鮭でオイルパスタを作った。
とてもビールが飲みたくなる味で美味しかったけど、
今度は鮭といえばやっぱりクリームパスタに挑戦したい。


12月25日 (水)  クリスマス料理

クリスマスの料理作りに励んだ。
生地から全て手作りのジェノベーゼのピザ、
酒・醤油・ニンニク・しょうが・ミリン、そしてたくさんのハーブにつけた鶏のザンギ(唐揚げ)、
そしてまたまたスポンジから手作りのスノーケーキ。
ケーキにはチョコチップと栗の甘露煮の微塵切りを生クリームに詰め込んである。
やっぱりクリスマスは手作り料理でしょ。絶対美味しいもん。店で食べるよりも遥かに。
料理の途中に行った、養老牛温泉も人がいなくて最高でした。

20021225-1.jpg



12月24日 (火)  函館への旅〜4日目〜

アダージョの温泉はとっても泉質がいい。
硫黄泉なのだが、温泉から上がってもずっと匂いが残っていた。
朝食をたっぷり取って、10時にチェックアウト。
途中大滝村の道の駅でものすごい試食コーナーとトイレについつい時間を取られてしまったけれど、
あとは寄り道もせず真っ直ぐ帰宅。
今回の旅の走行距離は約1600km。
函館では車を使わなかったので滅茶苦茶歩いた。
帰宅してまず薪ストーブに火を入れ、ボルシチを温めて食べた。
疲れた体はすぐに睡眠を欲し、瞬く間に眠ってしまった。
函館は大好きな場所の一つ。また是非行きたい。アダージョも。

20021224-1.jpg



12月23日 (月)  函館への旅〜3日目〜

朝9時にホテルをチェックアウト。
トラピスチヌ修道院に行ってすぐ売切れてしまうマドレーヌを買い込む。
そして通り道にある熱帯植物園を見た後、ラッキーピエロへ。
函館まで来てここでハンバーガーを食べないと絶対後悔するくらい美味しいのだ。
結構長居してしまい、大沼にも寄らず蘭越町にある温泉宿「アダージョ」へ。
前々から一度泊まってみたいと思っていた宿で、
貸切できる露天風呂と、木目調の心落ち着く雰囲気と、美味しい料理、
たくさんのDVDと本、心地良く流れる音楽・・・どれをとっても最高だった。

20021223-1.jpg



12月22日 (日)  函館への旅〜2日目〜

2時頃まで飲んでいたのに、朝早く目を覚まし朝市へ。
「きくよ食堂」で巴丼〜。
そのまま市電に乗って五稜郭へ。
冬の五稜郭も悪くないなと歩き回り、その足で「横山珈琲店」へ。
ここはこだわりのマスターが経営する美味しい珈琲の店。
予想通り「いらっしゃいませ」の一言も無かったが、確かに珈琲は美味い。
ゆったりする音楽を聴いて、のんびり本を読んでくつろげた。
今度はタクシーに乗って元町方面へ移動。
ベイサイドを散策し、「はこだてビール」へ。
ここはあまり期待していなかったのだが、予想に反して料理が美味かった。
おまけにちょうど「社長がよく飲むビール」というアルコール度数10%の特別ビールが振舞われ、
この美味しさにノックダウン。
ジェノベーゼのステーキを追加注文し、またまた飲む飲む。
このビールはお土産にと買ってしまった。
外に出てみるとちょうど暗くなっており、
函館クリスマスファンタジーのツリー点灯式が行われるところだった。
酔ってて気持ちいいし、楽しかった。
そのまま坂を登ってライトアップされたハリストス正教会を見て、函館の夜景を見た。
酔いが冷めてきたところで市電に乗ってまたもや本町へ。
レインボーカフェという場所に飛び込みで入ったが、なかなか料理もお酒も良かった。

20021222-1.jpg 20021222-2.jpg



| 1 | 2 | 3 | 4 |