Diary 2003. 4
メニューに戻る
4月30日 (水)  iBookが届いた

まずは昨晩の話から。
夜7時を過ぎた頃、宅急便が届いた。宛先を見てみるとまったく憶えがないところ。
中身はなんとDVDプレイヤー(パナソニック DVD-XP30)だった。
ん?ん・・・?箱を開けてみると1通の手紙。
このたびは当社のアンケートに御協力くださいましてありがとうございました。
厳正なる抽選の結果、見事当選となりました・・・云々。ビックリ。本当にビックリ。
懸賞生活?当選第3段は見事DVDプレイヤーだった。
万歳〜!!!目指すはホームシアターだ。

そして今日。いよいよ待ち焦がれていたiBook(アップル M8861J/A)が届いた。
新モデルが出たため、値下がりしていたのをゲットしたのだ。
このマシンのスペックは、CPUは800MHz PowerPC G3、メモリーは128MBのSDRAM、
30GBのハードディスク、DVD-ROM/CD-RWのコンボドライブ。
メモリーは不足を感じたので512MBのメモリーをすでに購入済み。後で増設するのだ。
スペック自体は大した事ないが(今のパソコンよりは遥かに上だけれど)、
丈夫だし軽いし、何よりデザインが好きなのだ。WindowsからMacOSへの乗り換えは戸惑いがあるが、慣れてしまえば何ともないだろう。
独自路線をひた走るMac。いいね〜。
データを移行するまでしばらく時間がかかるだろうなぁ・・・。

20030430-1.jpg 20030430-2.jpg



4月29日 (火)  パースニップ

祝日で会社は休み。
天気も良かったので朝から畑と庭の雑草抜き。とはいってもひたすら広いので適当適当。
雪が融けた畑からは、アイヌネギ、ホースラディッシュ、チャイブ、ルバーブが芽を出している。
まだ何も植えていないところも雑草を抜いていると、土の中に白いものが見えた。
んっ?と思ってさらに彫ってみると・・・パースニップだ!!!
それでハッと思い出した。
そういえば去年ロシアのパースニップの種を蒔いた場所だったのだ。
単に珍しいからと種を蒔いたので、その後どう育っていたのか記憶もないし、
ましてや収穫なんぞしていない。
一冬越して腐りもせずちゃんとパースニップはそこにあった。
太くなってたものだけを5本ばかし抜いて、後はそのままにしておいた。まだまだ収穫できそうだ。

ところでパースニップについて多分知らない人も多いかと思う。
パースニップは外見上の特徴から別名「白人参」呼ばれるが、食感はイモに近いらしい。
まだ私も食べた事ないので何ともいえないが、後日報告したい。
ボルシチとかに入れると美味しいかも、と思ってはいる。

馬糞を木の根元や畑に堆肥としてまいた。
ビニールハウスの中の土も起こし、黒枝豆「快豆黒頭巾」、いんげん「モロッコ」、
カボチャ「赤ずきん」、唐辛子「鷹の爪」、ししとう、うり「金太郎」、ミックスバジル、
ローマンカモミール、ひまわり「ブラッドレッド」、鶏頭「キャッスル」の種を蒔いた。
無事芽を出してくれるだろうか。

ところで最初の写真は27日にクレソンを採りに行った時の我家の猫たち。
2匹とも冷たく美味しい川の水を飲んでいたので、ついついパチリ。かわいいでしょ?

20030429-1.jpg 20030429-2.jpg



4月28日 (月)  ラベンダーのために

日中22℃まで気温が上がり、暑い一日だった。
ラベンダーを育てるために、鹿沼土と腐葉土を買ってきた。
そのまま畑に植えてもいいかなと思いつつ、よりよい環境で、という思いはある。
果たして富良野とはまた違った中標津の冬を乗り切れるのだろうか・・・。


4月27日 (日)  有意義な一日

8時くらいから晴れてきたので、いつものように白樺の樹液採取、そしてクレソン採取。
ビックリグミを剪定し、
去年植えた白樺の苗木はどうなったのかなと散策してみると、ことごとく折れまくっている。
去年の暴風雨で折れちゃったんだろう。
大きなスモモの木が折れたくらいだからな・・・。
果たして折れた白樺達は復活するのだろうか。
ワサビも花が咲きそうだし、暑くって汗かきながら物置を片付けて、タイヤ交換した。
ビニールハウスを片付けて、七輪でバーベキューをしたらもう夕方。
白樺の樹液のシロップは空いたワインボトルに入れているのだが、ついに2本目に突入。

革靴・革長靴の手入れをして、レンタルビデオを返却に行った。
今度は「キャノンボール 新しき挑戦者たち」、「マイライフ」をレンタルしてきた。
今日は有意義な一日だったなぁ・・・。
夜はMac Fan ビギナーズを読んでお勉強〜。


4月26日 (土)  せっかくの休日が・・・

あいにくの雨だったので一日中家にいた。
白樺の樹液を煮込んだり、料理をしたり・・・。
そして気がつけば昼寝しちゃって、目が覚めたら外は真っ暗。
いか〜ん!せっかくの休日が〜(泣)。


4月25日 (金)  若き種雄馬への手ほどき

とある種雄馬が射精しないから何とかならないか、
とのヘルプコールがあったので現場へ行ってみた。
その種雄馬は平成12年生まれのまだ3歳と若い馬で、
初めての種付シーズンを迎え、雌への乗りはいいけれど射精に至らないとのことだった。
見た感じ若さゆえの焦りが感じられ、エネルギーが空回りしている状態だった。
こういう場合は種雄馬を我慢させるのが大事。じらすのだ。
やりすぎると逆効果だが、ある程度じらせてから種付させるとうまくいく場合がある。
それと、いざ雄が雌に乗った時、人間が雄の手助けをしてやる。
どう助けるかは想像に任せますが(笑)、まだ若くて種付自体下手なので、
雄の陰茎を雌の膣へ導くのはもちろんの事、後は手を使って射精に導いてやればいいのだ。
そんなこんなで今回は無事種雄馬は射精に至り、ホッと一安心。
慣れるまで時間はかかるけれど、長い目で見てやって欲しいと伝えて帰った。
よかったなぁ、肉にならなくって。


4月24日 (木)  キャノンボール

朝から暖かい日だったので、早めに起きて敷地を散歩した。
雪融けが進んだ庭には早くもルバーブが頭を出し、
沢へ降りてみるとアイヌネギがポツポツと芽を出していた。
いよいよ春だなぁとしみじみ感じた爽やかな朝でした。

夜はツタヤでレンタルした「キャノンボール」を観た。
この映画、何が好きかっていうと、もちろん内容も好きなんだけど、
ランボルギーニの走る姿、そしてエンジン音が特に好きなのだ。
いつかは乗ってみたい憧れの車だ。

WindowsからMacへの乗換え計画、ついに実行に移した。
今日は新iBookの発売日で、これをいい機会に前のモデルを狙ってネットで安く買った。
前のモデルといっても半年ほどしかたっていないわけで、
今使っているパソコンとは比べ物にならない位高機能だ。しかもMac。
素晴らしい外観と、使いやすそうな中身。
まさに用と美を兼ね備えた、独自路線をひた走る魅力的なパソコンだと思う。
こんなパソコンが10万円程度で手に入るなんて、すごいなぁ。ネット万歳!


4月23日 (水)  上空からの絶景

ホテルをチェックアウトして朝一便で中標津へ帰る。
飛行機の窓から摩周湖が綺麗に見えた。
上空から見ていて中標津も大分雪が融けているのが分かり、格子状防風林の見事さにちょっと感動。
待ち時間や夜はMacの本を読みふけった。


4月22日 (火)  札幌にて

朝から気持ち良く晴れた。何日ぶりだろうか、こんな日は。
会議で札幌に出張したんだけど、飛行機の窓から見える風景は絶景だった。
11時過ぎに札幌へ着いて、時間があったからステラプレイスとビックカメラへ寄ってみた。
ステラプレイスは平日だというのに人だらけで、すぐに嫌になって逃亡。
ビックカメラでは、ここ最近急にアップルのiBookに惹かれつつあり、
我家のパソコンももう5年くらいになるし、真剣にWindowsからMacへ乗り換えようかと検討中。
検討資料として本を2冊ばかし買ってしまった。
会議後大学の馬術部時代の友人H氏と何年ぶりかに会って一緒に飲んだ。
まったく変わっていない姿に何故か安堵。
美味しいお酒が飲めました。


4月21日 (月)  雪雪雪・・・

また雪。雪雪雪雪雪・・・。寒い。また冬が来たかのような感じがする。
それでも今朝は沢へ降りてクレソンを採ってきた。
今度クレソンのパスタでも作ってみよっかな。


| 1 | 2 | 3 |