Diary 2004. 5
メニューに戻る
5月1日 (土)  一次キャンプへ

5月2日に十勝スピードウェイへお手伝いする事にしたので、
ついでにキャンプする事に。
朝8時に家を出発して十勝方面へ向かった。

キャンプ場へ入る前に観光もしようと思い、
まずは池田町のワイン城へ。
ちょうどタイミング良く見学ツアーに参加できる事になり、
大井所長の説明の元、
ワイン醸造の色々な行程を見せて頂いた。
今の職場に就職が決まらなければ某ビール会社の醸造技術者の内定を取っていたくらい、
お酒の醸造はとても興味のある内容で、
今でも色んな果実を使ってお酒を漬けたり、
ビールを造ったりしているのだ。
だから今回のワイン醸造を見学出来た事は幸せであり、
とっても興味津々に見させて頂いた。

次に帯広市の真鍋庭園へ。
コニファーといえば真鍋庭園だというくらい素晴らしいガーデンがあり、
我家のコニファーの多くもここから買っているのだ。
いつかムーングロウ、ティフブルーのどちらかを放牧地のラチ沿いに植えようと思った。

そしていざキャンプ場へ。
今回のキャンプは十勝スピードウェイに行きやすいようなるべく近い場所をと、
忠類村のナウマン公園若者広場キャンプ場へ。
村の市街からそれほど離れているわけでもなく、
さらにナウマン温泉のすぐ側の丘の上にあるキャンプ場は、
無料だし景観も悪くはなかった。
我等の他にも数組のキャンパーがいて寂しい思いをする事無く、
天気にも恵まれて素敵なキャンプが出来た。
夕食のメインは「白樺」のジンギスカン。
ただ、夜は寒いし疲れもあって、
ナウマン温泉に入った後はバタンキュー・・・。

20040501-1.jpg 20040501-2.jpg 20040501-3.jpg



5月2日 (日)  十勝ロードレース選手権第1戦

朝4時半頃起きてキャンプ場周辺を散策した。
ちょうど林間散策路があって、
丘の上にある展望台まで行ってみた。
遠くに見える日高山脈がとても美しかった。

朝食にパスタ(アマトリチャーナ)を作って食べ、
十勝スピードウェイに遅刻しないよう慌ただしく撤収。
8時までにスピードウェイに入り、
ロードレース選手権第1戦のお手伝いをした。
十勝24時間レースは毎年手伝っていてもう7年もやっているが、
バイクのレースは実に6年ぶりのお手伝いだった。
二輪と四輪では若干ルールが違い、
旗の出し方などに少々戸惑ったがすぐに慣れた。
ただやっぱりバイクはゼッケンの判別が難しくやりづらかった。
でもまあレースを一番間近で観れるのは特権かな。

お手伝いが終わったのが夕方の4時で、
それから我家へ一旦帰宅。
家に着いたのは夜の8時で、
明日は遅くとも朝の6時には第二次キャンプへ出発する予定だ。
忙しいぞ〜。

20040502-1.jpg 20040502-2.jpg 20040502-3.jpg



5月3日 (月)  二次キャンプへ

早朝起床して馬の世話やキャンプの最終準備を終えて出発。
あいにく天気は下り坂で、
目的地の中富良野町の「星に手のとどく丘キャンプ場」へ11時頃等到着した頃には、
ついに雨が降り始めて風もかなり強くなっていた。

このキャンプ場は脱サラした方が去年から営業している、
数少ない民営のキャンプ場の一つ。
ホームページを通してオーナーと知り合い、
応援の気持ちも込め、
是非一度お会いしてみたいと思ってやって来たのだ。
去年もここへは訪れているが、
その頃はまだキャンプ場としては営業していなかった。
そしていざ到着した瞬間、我が目を疑った。
木で作られた大きな管理棟が完成しており、
その他も管理が行き届いていてすごく好感を抱く作りになっていた。
そのキャンプ場の名の通り、
夜は照明禁止で焚火の出来る素敵なキャンプ場。
晴れていればベベルイの丘に沈む夕日もとても美しいそうな。

今回は天気が悪く、
風も強かったためテントすら張る事が出来る状況では無かった。
どうしようかと管理棟で悩んでいると、
オーナーが物置に使っているスーパーハウスを利用してもいいよと、
とてもありがたい配慮をしてもらった。
おかげで悪天候にも関わらず快適に過ごす事が出来、
本来のキャンプらしいキャンプは出来なかったものの、
感謝感謝、また感謝だった。

宿がとりあえず確保出来た後はしばし観光へ。
富良野市のワイン工場へ行ってワインをたくさん試飲し、
中富良野町のファーム富田でラベンダーを見た。

ファーム富田はビニールハウス内にもラベンダーがあって、
この時期にも関わらず開花したラベンダーが見られるのだ。
相変わらずラベンダーソフトクリームは美味しい♪

そして温泉へも行こうかと思い、
選んだのは十勝岳温泉の凌雲閣。
北海道でもっとも標高の高い場所にある温泉なのだが、
途中山道を登っていると徐々に雨が雪に変わり、
道路も雪道になってしまっていた。
このまま温泉に入った後帰れなくなるのは嫌だと思い、
結局引き返して白銀荘の温泉に入る事にした。
温泉が良いとか悪いとかじゃなく、
人があまりに多すぎて魅力は半減〜。

そしてキャンプ場へ戻って名物の生ラムジンギスカンを食べた。
相変わらずうまい!
食べたらすぐ眠たくなってしまい、
スーパーハウスでぐっすり就寝・・・。

20040503-1.jpg 20040503-2.jpg 20040503-3.jpg



5月4日 (火)  やっと晴れた〜

結局富良野ではずっと雨が降り続いた。
朝食は早朝から七輪で木炭に火をおこし、
飯盒でご飯を炊いたり豚汁を作ったりした。
そしてラベンダーの時期にまた来てみたいと思ったので、
7月に予約を入れてキャンプ場を後にした。
とてもオーナーにはお世話になり、
本当にありがとうございました。
また来ます!

そして次の目的地、
津別町の「チミケップ湖キャンプ場」へ。
このキャンプ場は毎年行っているし、
もうお馴染みのキャンプ場だけれど、
行く度に感動できるほどのロケーションの良さがある。
ただ相変わらずこの時期にはトイレも炊事場も閉鎖されており、
ワイルドなキャンプ(野営)となった。
もちろん我等の他にキャンパーなどはいるはずもない。
津別町役場にゴールデンウイークからちゃんと開設して欲しいと要望したけれど、
結局無視されたか通らなかったらしい。
それならキャンピングガイドに5月1日から利用可能と書くな〜!

キャンプ場へは15時頃に到着し、
その頃には雨も止んでいて、いざテントの設営を開始。
今回からなんとタープがデビューした。
ゴールデンウイーク中に雨に当たる事が分かっていたから、
タープがあれば外で調理できるとの思いで買ったのだ。
そのタープをたてていると北見市の友人Yさんが合流。
以前からワイルドで色々な物作りをするキャンプがしたいと言っていたので、
今回、誘ってみたのだ。
テントなどの設営や荷物搬入が終わる頃には雲もなくなり、
とても美しい夕日を見る事が出来た。
夕食は七輪2つとスモークドラムを使って、
飯盒でご飯を炊き、
グリーンカレーを作り、
そしてソーセージとチーズを燻煙した。
さらにカクテルまで作り、
ようやく本来のキャンプらしいキャンプとなった。
夜の8時頃にはすっかり酔っぱらって、眠る事に・・・。

20040504-1.jpg 20040504-2.jpg 20040504-3.jpg



5月5日 (水)  神秘的なチミケップ湖

朝は相変わらず早い。
4時頃には目が覚め周辺を散策した。
今年はやっぱり雪が多く、
散策路などもほとんどが雪に覆われていた。
それでも雪の上を歩いて見晴し台まで登ってみた。
早朝は湖面がまったく波立つ事無いためまさに鏡である。

キャンプ場に戻っていざ朝食。
またも飯盒で御飯を炊きて昨日の残り物をつまんだり、
セージバターのパスタやホットケーキ、
焼きリンゴを作った。
ホットケーキには自家製白樺シロップをたらし、
まさに絶品。
そして今回初挑戦したのが焼きリンゴ。
リンゴの芯をくり抜いて砂糖を詰め込み、
アルミホイルで包んで火の中へ放り込むだけ。
10分もすればとても美味しい焼きリンゴとなった。
バターも入れるともっと美味しいかもしれない。
次回は焼きリンゴを使って、
アップルパイに挑戦しようとみんなで話し合うくらいうまかった。

本当に美しいチミケップ湖。
最期に大きなアクシデントもあったけれど(笑)、
やっぱりキャンプは最高だ。
いつまでも美しいチミケップ湖であってほしい。

帰る途中、北見市のハッカ記念館とフラワーパラダイスに寄ってみた。
フラワーパラダイスはまだ全然花が咲いておらず、
昔、ゴールデンウイークに寄った時は桜が満開だったので、
ちょっと残念に思った。

キャンプはやっぱり最高!
我家の敷地も美しく整備して、
自宅でキャンプをしたいものだ。
馬が側にいるキャンプ場もなかなかいいかも?!

20040505-1.jpg 20040505-2.jpg 20040505-3.jpg



5月6日 (木)  連休も終わり・・・

ゴールデンウイークも終わり、
今日からは会社も夏時間になった。
冬時間よりも勤務時間が1時間長くなる。
どうせならサマータイムでも導入して欲しいな。
そうすれば平日でも余暇が楽しめるのに・・・。


5月7日 (金)  美しい虹

一日中不安定な天気で、
雨が降ったり晴れたり雷がなったりしていた。
おかげで夕方帰宅して愛馬達を厩舎に入れようとしたら、
すばらしく美しい虹が2本、
家を中心にして半円を描いていた。
広角レンズでもなければとても写真に納まるわけも無いが、
それでも相方が携帯で頑張って撮ってくれた写真。
まっすぐな地平線を弦として、
2本の虹が孤を描いている風景。
ここに住んでて良かったなぁとしみじみ・・・。

20040507-1.jpg 20040507-2.jpg 20040507-3.jpg



5月8日 (土)  ラベンダー植え

午前中は仕事をし、
仕事帰りにちょっと寄り道をして、
5月3日にオープンした場外馬券場を見に行った。
ホッカイドウ競馬の場外馬券場だが、
ばんえい競馬も今日から買えるようになるだとかで、
レトルトの富良野カレーをもらった。
施設はそれなりに立派で、なんと2階建て。
この中標津に場外馬券場が出来るなんて感慨深い。
そしてその帰り、
またも寄り道してアイヌネギを採りに行った。
この辺は山菜の宝庫で、
帰宅途中に道路脇に車を止めて沢へ降りて行くだけで、
たくさんの山菜が採れる。
ミズバショウも沢山咲いていてとても奇麗だった。

帰宅して暫くするとファーム富田から定植用のラベンダー苗が100本届いた。
去年20本購入し、
今年無事庭で冬越しが出来たのを確認して、
本格的にラベンダーガーデンを整備する事にしたのだ。
大好きなオカムラサキという品種のラベンダーを買ったのだが、
植えるためには土地をおこさなければならない。
でも今年は強い助っ人、
耕耘機の「サラダFF300」がある!
3時間がかりで土地を耕し、
100本ものラベンダーを植えてみると実に見事。
これらの苗が大きくなってたくさんの花を咲かせたら、
本当に見事だろうな〜と悦に入ってしまった。
ラベンダー、万歳!!1

20040508-1.jpg 20040508-2.jpg 20040508-3.jpg



5月9日 (日)  へっとへと・・・

午前中は裏の川へ降りて行って山菜採り。
アイヌネギとヤチブキをたくさん採って来た。
我家の愛猫「パピコ」ちゃんもついて来ていたが、
途中ついに疲れたのか眠ってしまった。

午後からは芝生を作ろうと頑張った。
太陽が沈むまで頑張り、
なんとか種をまいて均して踏み固めるまで出来た。

夕食はもちろん山菜尽くしで、
アイヌネギの天ぷら、
ヤチブキのお浸しをメインに食べた。
ヤチブキは久々に食べたが、
癖の無い味は何にでも使えていいかもしれないな。

20040509-1.jpg 20040509-2.jpg 20040509-3.jpg



5月10日 (月)  ああ種雄馬が・・・

日中は種雄馬が死んでしまったとの連絡を受け、
事故処理に奔走した。
どんなに気をつけて管理をし、
普段から愛情を注いで養っていても、
馬は事故の多い動物だ。
本人のせいで死んでしまったわけではないけれど、
管理者もすっかり意気消沈してしまい、
見ているこっちが辛かったなぁ・・・。
馬もさることながら、
やる気のある人だけに残念でならない。

今日から2泊で根室市へ出張。
牛の仕事だが頑張ってきます!


| 1 | 2 | 3 | 4 |