Diary 2004. 8
メニューに戻る
8月1日 (日)  「草架」作り

前々から作ろうと思っていた草架をいよいよ作り始めた。
草架って乾草を馬に与える時にその草を入れておくような物。
いままで乾草を直接地面に置いておいたので、
踏み散らかされたり糞尿をされたりしてかなり無駄が多かったのだ。
家を建てた時の廃材などを集め、
午後からはせっせせっせと頑張った。
とりあえず何とか形になり、
あとは塗装を残すだけ。
ガードラックでも塗って乾いたらいよいよデビュー予定。
待ち遠しいな〜。

写真はその草架、そして我家のラベンダー、毎日5個くらいづつ収穫のあるズッキーニ。

「エッセイ」に「北海道のおすすめキャンプ場」を新たにアップしました。

20040801-1.jpg 20040801-2.jpg 20040801-3.jpg



8月2日 (月)  草架完成〜!

朝早く起きて昨日作った草架に塗装を施した。
ガードラックのグリーンを塗ってやると、
廃材も深みのある味わいを醸し出してなかなかいい感じに仕上がった。
今はまだ塗料の匂いがきついのでしばらく使えないけど、
早くデビューさせたいなぁ・・・。

写真はその草架と奇麗に咲いた月見草。

20040802-1.jpg 20040802-2.jpg



8月3日 (火)  草架デビュー!

待ちきれなくって草架をデビューさせた。
まだ塗料の匂いがするからちゃんと草を食べてくれるかな〜と思っていたけど、
ちゃんと食べてくれてホッと一安心。
草も無駄にならないし衛生上もいいはずだよな〜。

20040803-1.jpg 20040803-2.jpg



8月4日 (水)  虹♪

本当に今年の夏は暑い。
毎日毎日30℃を超えられたらさすがに堪えるし、
馬達も夏バテしないかちょっと心配。
気温が高いので大抵夕方からは大気の状態が不安定になり、
よく雨が降ったり雷がなったりしている。
今日も夕方からちょっと雨が降り、
奇麗な奇麗な虹がかかっていました。


8月5日 (木)  会場準備でヘトヘト・・・

明日は根室ホルスタイン共進会。
その会場準備などにあけくれた一日だった。
日中はとても暑くてバテ気味だったうえ、
夜になると今度は雨が降りだしもう最悪。
明日も雨のままだと屋内審査場の準備もしなければならないだろうし、
雨がやんでくれる事を祈るのみ・・・。


8月6日 (金)  根室ホルスタイン共進会

天気予報では曇りのち雨で降水確率50%だったのに、
朝から晴れてとても暑い一日だった。
あまりの暑さに牛もバテバテ人もバテバテ。
みんなハァハァゼェゼェいいながら頑張っていた。

明日は朝3時に起きて第11回十勝24時間レースのオフィシャルに行かねばならない。
疲れが取れ〜ん・・・。


8月7日 (土)  第11回十勝24時間レース

朝3時に起きて十勝のスピードウェイへ。
今年で11回目となったこの24時間レースはすでに夏の風物詩として定着しつつあり、
俺もオフィシャルとして8回目の参加となった。
今回も先日行われたGT選手権と同じ1番ポスト。
暑い暑い24時間の闘いがスタートした。

20040807-1.jpg 20040807-2.jpg 20040807-3.jpg



8月8日 (日)  フィニッシュ!

今年の24時間レースは暑さでかなり参ったが、
それでもようやく無事終了〜。
SCが5回も入ったり、
落下物なども多かったこのレース、
総合優勝はカーナンバー33、クラス1のファルケン・ポルシェ。
昨年に引き続いて連覇となった。
マッチやヒロミ、保阪尚輝なども参加した今回も、
なかなかの盛り上がりだったように思う。
願わくばGT車両がたくさん参加してくれれば言う事ないんだけどな〜。

20040808-1.jpg 20040808-2.jpg 20040808-3.jpg



8月9日 (月)  疲労度DX

根室ホルスタイン共進会から十勝24時間レースと、
寝不足の連続、暑さでかなりの疲労。
もうすぐお盆休みだしもう一踏ん張りだ。

今日から愛馬達への飼料に米糠も混ぜ始めた。
脂肪分が高くて安く手に入るという事で使う事にしたのだが、
心配なのはリン含量が高い事。
カルシウム:リンは2:1〜1:1くらいがいいとされ、
リンが多すぎると色んな弊害が出てくるらしい。
カルシウムを何かで補ってやった方がいいかもな〜。


8月10日 (火)  ホームステイ受け入れ

馬の側での暮らしを思い描き、
奈良県から北海道へやってきたもかさんが、
我家へ3泊のホームステイにやってきた。

ここはサラリーマンでも馬が飼えるほど環境的には恵まれた地域なので、
農家だけでなく一般の人達にも、
ペット感覚で馬を飼い始める人がもっと出てきてくれれば楽しいと思うんだけどな〜。
こうして我家にホームステイしてもらい、
馬との接し方について何かのきっかけになればいいなと思う。


| 1 | 2 | 3 | 4 |