Diary 2004. 9
メニューに戻る
9月1日 (水)  Yちゃんの旅立ち

我家にも何度か滞在した事のあるYちゃん。
会社をリストラされたのを期に、
日本全国を巡るバイク旅に出発した。
1年がかりでぐるっとまわってくるらしい。
元気な姿で帰ってきて欲しいな。

日中は相変わらず種畜検査。
写真はハーフリンガー種雄馬の「アモーレット2001」、
ペルシュロン種雄馬の「イリス」。
昨日の台風のせいで気温が上がり、
快晴で気温もあがって夏日となった。

夕食は麻婆ナスもどき。

20040901-1.jpg 20040901-2.jpg 20040901-3.jpg



9月2日 (木)  小泉首相の北方領土視察

小泉首相が根室から船で北方領土の視察を行ったらしい。
来年のロシアのプーチン大統領訪日をにらんでのことだそう。
北方四島は不法にロシアに占拠されすでに半世紀になろうとしている。
史実をどう見たとしても、
やはり北方領土は日本固有の領土であり、
いい加減返還して欲しいものだ。

明日から2日間、
恵庭市で北海道和種馬・ポニー共進会が開催され、
根室管内代表馬10頭とともに出発することになっている。
では、行ってきます!


9月3日 (金)  受付測尺と懇親会

無事恵庭市の共進会場に到着。
出陳馬の測尺を終えた後すぐに懇親会。
疲れてたのか懇親会後に温泉に行った後21時前には就寝。
もちろん馬がいるので会場で泊るわけで、
いつも狭い乗用車で寝ていたけれど、
今回はハイエースだから快適快適〜。
もっとロケーションのいい場所ならテントでも張ってキャンプでもいいんだけどな(笑)。


9月4日 (土)  北海道和種馬・ポニー共進会

今回の全道共進会には根室管内から9頭が出陳(1頭欠場により)。
中標津町の武藤さんが出陳したポニー「リカ」が1等賞1席に入った以外は、
どうもパッとしない成績だった。
ポニーの最高位賞でも取れればすごかったんだけどな・・・。
残念。
共進会も夕方には終わり帰路に。

途中十勝の足寄町ではWRC世界ラリー選手権「ラリージャパン」が開催中で、
日本初開催ということも人も沢山、車も沢山ですごく賑やかだった。
ちょうど競技が終えた後帯広へ帰る途中の競技車両が走っていて、
夜の闇の中でも異彩を放つその姿に圧倒された。
もし共進会が無ければ、
絶対生のラリーを観に行ってただろうな。
世界のトップドライバー、トップチームが集結しているし、
絶対面白いはず!

20040904-1.jpg 20040904-2.jpg 20040904-3.jpg



9月5日 (日)  中標津じゃがいも伯爵まつり&ふれあい広場

じゃがいも伯爵まつりにあわせて、
はまなす乗用馬生産組合は体験乗馬と馬車で協力。
道産子とポニーの乗馬は子供達に大人気で、
順番待ちする行列がまったく途切れる事無く、
ずっとずっと人も馬も歩き続けて結構疲れた。
でもこうして馬に子供の頃からふれあえていれば、
大きくなってからちょっとは馬に対するイメージも違うのかな。

ずっと我家のMR-2はバッテリーが上がっていたため、
動かす事も無く放置していたけれど、
せっかくあるのにもったいないなとさすがに思い、
この前買ったブースターケーブルを繋いでエンジンをかけ、
ついでにタイヤも今頃夏タイヤに履き替えた。
ターボの調子が悪いのでトヨタへ持って行くと、
時間がかかるという事で8日の水曜日に預ける事にした。

中標津農協のAコープ「あるる」は、
明日から4日間店舗改装につきお休みだそうで、
今日はそれを見越して安くなるだろうと思って行ってみた。
夜7時ともなると全て半額のシールが貼られ、
肉、魚、と買いあさった。
今日はその半額刺身を使って海鮮丼。
実にうまい!
これが200円程度で出来るんだからなおさら最高〜。

20040905-1.jpg 20040905-2.jpg 20040905-3.jpg



9月6日 (月)  ラリージャパン

この前の全道共進会の帰りに、
途中夕張でカボチャ6個、トウモロコシ20本、タマネギ20個を700円で買ったため、
傷まないうちにとトウモロコシをむいて茹でる事に。
その量たるや写真の鍋2杯にもなった。

先日9月3〜5日に北海道十勝で初開催となった、
世界ラリー選手権WRCラリージャパンはすごかったらしい。
色々サイトを見ていると、
21万人以上の観客を集め、
移動区間中の沿道で応援する人は含まれてないらしいから、
実際にはもっとすごい数の人だったらしい。
ドライバーやチーム、主催者側にとっても予想以上の盛り上がりだったらしく、
一様に「たくさんの観客の声援が素晴らしかった」と、
本場のヨーロッパに負けない雰囲気に絶賛だったそうな。
参考までにサイトに書かれてあるコメントを抜粋してみました。

日本初開催のラリー・ジャパンは2日のセレモニースタートから4日間で計21万人を数え、
成功裏に終わった。
沿道を含めればもっと多くの人がこのラリーを生で見たことになる。
子供から大人まで沿道でも大勢が、全ての選手に祝福を送るなど、
とても温かく良い雰囲気の中で行われた「ラリー・ジャパン」。
盛大に行われ大成功といえる結果となり、
こうした熱いエールを送ったファンの方々の後押しがあって精一杯頑張ることが出来たと、
出場した選手は誰もが口にした。
日本での開催が定着することに期待するとも付け加えていた。
FIAラリー委員長のシェッカー・メッタ氏もゴールのポディウムで
「関係者皆さんの努力で非常に素晴らしいラリーとなりました。
運営面も素晴らしく、
また沿道で声援を送り続けてくれた日本のラリーファンの多さにも驚きました」
とコメントした。
なお、主催者「ラリー・ジャパン2004大会運営委員会」は、
WRCのスポンサーであるインマルサット社から、
各イベント毎に最も印象的な仕事を成し遂げた人もしくは組織に贈られる、
「スター・オブ・ザ・ラリー」を受賞した。

▽P・ソルベルグ
 ベリベリグッド!リエゾン(移動区間)もすさまじいほどの応援をもらったし、
本当に助けてもらった気がする。
ドイツであんな事故を起こしたから、
スバルの地元の日本で勝てるなんて信じられないよ。
とにかくできるだけ勝っていくだけ。
彼(S・ローブ)をとらえるには彼に不運が起きてくれることが必要。
車はどんどん良くなっているし、今後の様子を見ていくしかない。

▽新井敏弘
 勝って当たり前ですからね。
今日はプレッシャーもなかったし、
自分のミスだけを気を付けて走りました。
モチベーションを高めるため、
WRカー(A・ウォームボルド)を抜いてやろうと頑張ったけど、
0秒7差負けちゃった。
去年(ラリー北海道)と比べたら人数は100倍くらいいた感じ。
こんなに日本でWRCが認知されているのかと思った。
ファンが応援してくれたおかげで気持ちよく走れました。

▽桂田勝スバル・テクニカル・インターナショナル(STI)社長
 この世界に余裕というものはない。
1分の差があっても一発トラブルがでるだけで終わり。
最後まで余裕はなかった。
日本のラリー業界のために少し責任を果たせたのではないか。
この盛り上がり方をみるとやっぱり勝ててよかった。

20040906-1.jpg



9月7日 (火)  お客さま〜

夕方ご近所のSさんから電話があり、
我家にやってきた。
せっかくだからカポナータにジェノベーゼを作って、
一緒にワインを飲んだり、
色んな話をしてゆったりと過ごした。
生きる事を楽しむ事は大事だと思う。
普段何気ない毎日の充実こそが大事なんだろうな。


9月8日 (水)  K&Y、現る!

大学馬術部時代の同級生であるKとYが我家にやってきた。
本当に8年ぶり?くらいの再会でとても懐かしかった。
到着したのはもうすでに夜になっていたけれど、
急いで支度をしてピザとパスタ(ナスとトマト、ジェノベーゼ)、
ミントケーキをごちそうした。
ちょうど星空がとても奇麗な夜で、
流れ星も沢山見ながらナータとルーシーと戯れた。
愛馬達が人に懐いているのを見て驚いていたけれど、
そんなに不思議な事なのかなぁ・・・。


9月9日 (木)  滞在2日目

朝早く起きてK&Yをナータに乗せてあげた。
久々の乗馬だと喜んでくれ、
面白い(ナータがまだ若いから?)と楽しんでくれたみたいだった。
あ、話は変わるが、
我家に3年前に植えたホップの苗が大きくなっていて、
今年は初めて沢山の実を付けていた。

彼等は日中は観光へ。
中標津の開陽台、そして羅臼(知床)方面へ。
ちなみに羅臼町は北の国からの舞台ともなったので、
最近は観光地になりつつあるのかもしれないけれど、
知床峠をはさんで反対側にある斜里町と違って、
まだまだ漁師町の色合いが濃く残る素朴な町だ。
せっかくだから羅臼町の宣伝をすると、
無料露天風呂の熊の湯と隣接する無料キャンプ場があり、
羅臼岳を始めとする知床の山々、羅臼湖は美しく、
北方領土の国後島を間近に臨み、
意外と見所はたくさんあるのだ。

始めは我家に1泊だけということだったけれど、
もう1泊していってもらう事になった。
夜は久々に外食に行く事にし、
「檸檬」、「十兵衛」という居酒屋に連れて行った。
あ、「十兵衛」のローシーメンはおすすめですよ♪

20040909-1.jpg 20040909-2.jpg 20040909-3.jpg



9月10日 (金)  K&Yも金太郎会に

K&Yは朝早くに出発しなければならないからと、
5時半頃我家を出発した。
短い期間だったけれどとても楽しく過ごす事が出来、
また気軽に遊びにきてくれればと思う。
金太郎会にも入会してくれ、
これで自分を含めて会員は7名に。
少しずつ増えてきたな〜。

20040910-1.jpg



| 1 | 2 | 3 |