Diary 2005. 10
メニューに戻る
10月1日 (土)  アンティーク雑貨

相方が「旅サラダ」のイタリア特集を観て、
家庭料理で登場したトマトをピューレにするベジタブルマッシャーに一目惚れ。
ミキサーじゃないところがいい!と、
早速インターネットで探して欲しいと要請があった。
で、色々調べたけれどこれがなかなか見つからない。
行き着いた先がフランスのアンティーク雑貨を扱うサイトで、
50〜100年前の味わいのあるお洒落な雑貨がずらり。
あれこれと目移りしてしまい、
本命のベジタブルマッシャーはもちろんのこと、
それ以外にも100年前のワイン樽やチーズグレーター、
さらには手動のパスタマシンまで買ってしまった。
ワイン樽がとても大きく重たいものなので送料がかなりかかってしまい、
しかも船便でフランスからやってくるので到着するのは3ヶ月くらい後。
でもこの期間をのんびりと待つのって、
なんとなく楽しみが増幅される感じがしていいかもしれない。
ワクワクしながら待ってよう。

イタリアとかフランスとかニュージーランドとか、
行ってみたい国はたくさんあるなぁ・・・。
もし行く機会があるとすれば、
時間を気にせず何週間、何ヶ月も滞在してみたいものだ。
ファームインでもいいし働きながらでもいい。
そういう自由な旅をしてみたい。


10月2日 (日)  キノコ♪

朝、いつもより早く起きて、
馬の世話の後、紫シメジを採りに某所へ。
しかしあまりなくてがっかり。
帰る途中、からまつの湯に入ってから牧舎に向かった。
夕方、今度は帰宅途中に山の林道へ。
毎年採っている場所に迷う事なくすんなりと辿り着き、
白シメジをたくさん採ってきた。
秋はやっぱりキノコなしには語れませんって。

20051002-1.jpg 20051002-2.jpg 20051002-3.jpg



10月3日 (月)  美しい星空

夜、はまなす乗用馬生産組合の役員会があった。
帰宅する車の中から美しい満点の星空が見えた。
時々流れ星が流れている。
ここに住んでいると流れ星も普通に見れるのがすごい。
数分おきに流れるのだ。


10月4日 (火)  ホンダの意地

F-1ドライバー佐藤琢磨、
BARホンダのレギュラードライバーの座をJ・バトンのわがままで失うという結果になり、
来季の動向に注目が集まっていた。
ホンダにとってもこの結果は不本意であるらしく、
これからも佐藤琢磨をサポートすると言ってはいたものの、
佐藤琢磨の来期は古巣であるジョーダン・トヨタに移籍かと騒がれ、
せいぜい2007年からホンダエンジンを供給する事を条件に、
ウイリアムズ・コスワースと交渉のテーブルに付くくらいが関の山かと思われていた。
しかしそれは良い意味で裏切られる事となった。
今日はホンダがBARの株式を全て所得しオールホンダでの参戦が決まったという発表の場があり、
その場でなんとホンダが新規参入チーム立ち上げの手助けをしエンジンを供給、
しかもそのチームからすでに佐藤琢磨へオファーが行っているとの事が判明したのだ!
これは本当に青天の霹靂だった。
ホンダとしては今まで育てた佐藤琢磨をみすみすトヨタに奪われてはならない危機感の現れか(株価も大きく下落した)、
まさかこんなやり方で佐藤琢磨をバックアップするなんて誰が想像していただろう。
まだその新規チームがどういうチームかというリリースはなかったものの、
日本の企業が大きく関わっているいるとのうわさが流れている。
しかし今まで情報が漏れなかった事を考えると、
本当に佐藤琢磨のために急遽動いて、
新チームの立ち上げという仰天プランを推し進めたのかもしれない。
フジテレビなども日本人ドライバーの必要性を訴えたらしく、
これにはFIAも後押ししているとの事から、
新規チームの参戦そのものは認められる可能性が高く、
ホンダの関わりが深い佐藤琢磨もこのオファーを受け入れる可能性も高いと思われる。
個人的にはホンダの殻を破って、
積極的に獲得に動いてくれているジョーダン等の他チームに移籍する琢磨も観てみたかったが、
この話はこの話で実に面白そうだ。
ますます佐藤琢磨のストーブリーグの動向から目が離せない。

仕事が終わった後、
北海道立近代美術館・帯広美術館コレクション2005「美へのいざない」、
中標津の総合文化会館で行われているので観に行った。
これは道立美術館の絵画や工芸品といったコレクション約40点の展示で、
入館無料の移動美術館という事らしい。
芸術に触れる機会は大切ですね〜心が豊かになります。

20051004-1.jpg



10月5日 (水)  雑誌スロウの取材

スロウという雑誌の取材を受ける事になり、
自分自身、日中時間が取れないがために我家に1泊してもらうという約束をしてあった。
夜、十勝からお二方がお見えになり、
夕食にすき焼きを作って色々お話が出来た。
明日は朝から乗馬と写真撮影の予定〜。


10月6日 (木)  多忙な一日

早朝、サンに乗馬。
自分だけじゃなく取材に来られたスロウのWさんもせっかくだから乗ってもらったり。
久々に敷地から出て道路をポクポクと散歩した。
武佐岳も斜里岳もくっきり奇麗に見えた。
ずっとカメラを向けられてると思うと妙な感じでどうしても意識してしまう(苦笑)。

こうして無事取材も終わり、
今日は譲渡馬の下見のために十勝牧場へ日帰り出張。
紅葉は遅れていると聞いていたがそのとおりで、
阿寒横断道路もまだ見頃とは言えない状況。

夜、十勝から戻ってきて馬の世話をしてすぐに今度は陶芸教室。
前回は白粘土で作ったけど今回は赤粘土。
白粘土よりも柔らかくてなんか難しい。
相変わらず人とは違ったものを作りたい衝動にかられ、
平茶碗に行き着いた。
ん〜なかなかの出来映えかな。

20051006-1.jpg 20051006-2.jpg 20051006-3.jpg



10月7日 (金)  陶芸陶芸〜

赤土の器の方も無事に形になった。
先生に気に入ってもらえたのか、
白い塗料をグルッと塗らせてもらう事に。
みんなの作品と並べてみると、
自分の作品がいかに違ったものか分かるでしょう(笑)。
私の作品は上向きで干してある2つの器です。
2週間後、
それぞれに色付けして焼く事になります。

20051007-1.jpg 20051007-2.jpg 20051007-3.jpg



10月8日 (土)  ギャラリー倉庫

佐伯農場内のギャラリー倉庫、
明後日の10日オープンを控え最後の準備をしているようです。
中にはシェーカー家具や写真等の芸術作品が展示されております。
また後日詳細をお知らせしますがとりあえず報告まで。
興味のある方は是非見に来てみて下さい。

TS君とKO君が夜我家にやって来て、
みんなでスキヤキを食べてグダグダと夜遅くまで飲んだ。
もちろん彼等は泊って明朝乗馬の予定〜。

20051008-1.jpg 20051008-2.jpg



10月9日 (日)  久々のナータ出陣!

TS君は早朝から用事があるため乗馬をせずに帰宅。
というわけでKO君だけ乗馬となった。
ところでKO君は大学時代馬術部に在籍した経歴を持っているため、
これはサンだけじゃなく是非ナータも乗ってもらおうと、
約2ヶ月ぶりにナータを引っ張り出して来た。
普段我家に来る方はほとんど乗馬経験がないため、
誰でも乗りこなせて安心して見ていられるサンの出番ばかりで、
ナータはすっかり乗馬から遠ざかっていたのだった。
予想通り間があき過ぎていたがために、
ナータはすっかり別の馬。
再び一から教えてやらなきゃいけないなぁと思うと同時に、
ある程度の頻度で乗ってやらなきゃダメだと痛感した。
これからポーレやユウも乗馬調教しなきゃいけないし、
ん〜正直言って自分一人では時間的に不可能。
もっと乗り手が欲しいと常々思う。
KO君に密かな期待(笑)。
あ、ユウは昨日の雨の中シャンプーをしたため奇麗になった。
雨が降るから洗い流さなくていいという、
強引な発想でシャンプーしたんだけど結果オーライ。
ついでに今日はヤスリで削蹄も。

さて今日はF-1日本グランプ決勝の日。
期待の佐藤琢磨はスタート直後の1コーナーでコースアウト、
同じく後からコースアウトして来たバリチェロにフロントウイングを壊されると言う不運。
今年の琢磨はついてないなぁ・・・。
結局その後の頑張りもむなしく13位でフィニッシュ。
来年は噂される新チームに行くのか、
はたまた別のチームに行くのか分からないけど、
良いシーズンになるといいな。

20051009-1.jpg 20051009-2.jpg 20051009-3.jpg



10月10日 (月)  モッツァレラチーズづくり

再びモッツァレラチーズを作った。
前回よりも手際がよく、形作るのが特にうまくなった。
このモッツァレラ、そのまま食べても美味しいけど、
ピザにのせて焼くととても美味しいのだ。

20051010-1.jpg 20051010-2.jpg 20051010-3.jpg



| 1 | 2 | 3 | 4 |