Diary 2005. 11
メニューに戻る
11月1日 (火)  スーパー・アグリ・フォーミュラワン?!

以前から噂ばかりが一人歩きしていたF-1の新チーム、
やはり予想通り鈴木亜久里氏が率いるようですね。
今日、本人から会見があったようで、
チーム名は「Super Aguri Formula1」でシャシー名も「aguri」、
本拠地は日本でファクトリーはイギリスのアロウズ跡地という事で10月26日に申請を出したそうです。
エンジンはホンダV8でシャーシはBAR007の改良型で臨む事になりそうで、
タイヤはブリヂストンと交渉中、
ドライバーも佐藤琢磨も含めて複数のドライバーと交渉中だとか。
まだまだ来シーズンのグリッドに並ぶまでには越えるべき壁もたくさんあるけど、
これでようやくちゃんと前へ進んでいる事は分かった。
純日本チーム、うまくいくといいなぁ・・・。
でもスーパー・アグリってとっても格好悪いような・・・(爆)。


11月2日 (水)  DEPAPEPE

たまたま朝の出勤中の車のラジオで心に響いた曲が流れていた。
アコースティックギターで奏でられていたその曲は、
DEPAPEPEの「Harvest」という曲だという事が分かり、
早速DEPAPEPEのアルバム「Let's Go!!!」「Hi! Mode!!」の2枚をネットで買った。
DEPAPEPE、ご存じですか?
徳岡よしなり(28)と三浦たくや(22)で結成されたアコースティックギターユニットで
アコースティックギター2本だけで心象風景や喜怒哀楽を表現し、
心を満たす軽快なサウンドやせつないメロディーを奏でています。
詩がないインストゥルメンタルだからこそ届くものもありますよね。
おすすめです。

20051102-1.jpg



11月3日 (木)  厩舎&パドック作り

ポーレとユウの雄馬コンビは他の馬と同居させるわけにはいかないために、
パドックと追い込み厩舎を作ろうと、
先日ホーマック中標津店にてかなりの資材を注文していて、
今日まずは木材と束石などが届いた。
早速スコップで穴を掘って水平器で水平を取りながら束石を埋めていった。
木材の方は相方が塗装をある程度までしてくれたし、
次回は4×4の柱を加工した上で束石にはめ、
壁材として買った1×4材を張っていく作業になる。
あとは杭をハンマーで打ってロープをまわす作業もあるし、
雪が降るまでに何とか形にしなければ。
重機がないので地道な手作業、楽しかったけど疲れた・・・。

20051103-1.jpg 20051103-2.jpg 20051103-3.jpg



11月4日 (金)  お茶会

陶芸教室の締めはなんとお茶会。
自分が作った器で飲むお茶は最高に美味しかった。
先生が手作りしたパンまで振る舞われ、
ここまでやってもらって一人1,000円は安いなぁ・・・。
出来上がった私の器は写真の3つ。
予想していた色にはならなかったけどとりあえず満足かな。

20051104-1.jpg



11月5日 (土)  Aiba中標津PR活動〜1日目〜

北海道市営競馬組合主導によりAiba中標津(場外馬券場)をPRする事になり、
ビッグハウスにてイベント告知用のポケットティッシュを配付した。
ちなみに本番は明日。
Aiba中標津ではカニの鉄砲汁や豚汁の無料配付、
餅つきに餅まき、抽選会、
そして馬車リッキー号の運行が予定されている。
それぞれのイベントはお昼から始まるので、
興味のある方、損はしないので是非Aibaへいらして下さいませ。
でも、そんな事よりAiba中標津の位置を知らしめる、
看板等の設置の方が重要だと思うけど・・・。
ただAibaという施設は道営競馬の施設なので、
ばんえい競馬側としてはいかんともしがたいものらしい。
道営競馬も中標津の商工会も、
建てたら建てっぱなしじゃなく何とかして欲しいものです。
どう考えても売り上げを伸ばそうとする意志は感じられませんねぇ。
地元の方でさえ分からない、
説明しようにも説明し辛い事限りない。
今のところモダ石油とパチンコジャパンの中間としか言えないんですね。
それならばんえい競馬はばんえい競馬で、
独自の馬券場ハロンズを別の場所に作れないものだろうか。
例えば東武やフレスポの中に設置するとか、
そこまで出来なくともせめて大きな通りに面するように設置するとか。
でも無理なんだろうな・・・。

20051105-1.jpg



11月6日 (日)  Aiba中標津PR活動〜2日目〜

朝、恒例となりつつあるKO君との乗馬。
今回はダメになった馬具を取り替え、
自分のチャップスも心機一転?、紫にしてみた。
でもこれはちょっと今のキュロットにはいまいち合わないかな。

日中はずっとAiba中標津のPR大作戦。
競馬組合や調騎会の方々とともに、
餅つきに始まり、
餅まき、カニ汁、豚汁などの無料提供やら、
馬券を買うとオリジナルグッズや食料品の当たる抽選会等、
意外と賑わっていた。
そもそもこの馬券場に若い人や子供がいるのを初めて見たぞ(苦笑)。
この時ばかりはリッキー君の馬車も大活躍。
子供達に特に人気があったのはハムスターレース。
1着になるハムスターを予想して、
当たれば景品と引き換えてもらえるという子供限定のイベント。
ちゃんとばんえいみたいに障害もあって、
「それいけ〜」とばんば並に応援(罵声?)が飛び交っていた(笑)。

夜、大学の馬術部時代の友人であるKYが泊りにやってきた。
なんでも標津の鮭加工場でのバイトを終えた後らしい。
KO君も交えて賑やかな夕食となって、
懐かしい話に花が咲いたのだった。

20051106-1.jpg 20051106-2.jpg 20051106-3.jpg



11月7日 (月)  乗用馬巡回指導

乗用馬の牧場の巡回指導で根室〜西春別〜尾岱沼とまわってきた。
あいにくの暴風雨という悪天候の中、なんとか無事終了。
今回同伴している講師の方は飼料についての先生で、
おのずとその牧場での餌のやり方に着目した巡回となった。
餌については個人的にも非常に興味があるので、
話を聞いているだけで面白いし勉強になるな。


11月8日 (火)  適切な給餌について

午前中は昨日に続き巡回指導、
午後からは「馬の適切な給餌について」という内容の講演。
馬の餌については個人的にとても悩んだ事なので、
すごく勉強になった。
我家の馬への飼料はというと、
ビートパルプ、えん麦、米ぬかという試行錯誤の我流なので、
先生の意見を頂けてありがたかった。
ちょっと配合の比率を若干変えた方がいいみたいだけど基本的には間違ってないみたい。
ビートパルプは水でふやかすのが面倒だという理由で普及しないみたいだけど、
馬への飼料としてはコスト的にも栄養的にも優れている。
消化率が低いはずの繊維分が主となる飼料なのに、
ビートパルプの繊維はスーパー繊維という非常に消化率の高い繊維なんだそうだ。


11月9日 (水)  ユキちゃん

金太郎会設立メンバーでもある北見のユキちゃん、
インドへの単独旅に出発した。
貴重な経験をたくさん積んで無事に帰ってきて欲しい。
ところでトップページのニムオロ馬の杜のロゴ、
原案は私だけれどアレンジはこのユキちゃんがしてくれたのだ。
馬の牧場とかのロゴってどうしてもありきたりになってしまいがちなので、
あえてジャック・オ・ランタンを馬でくり貫いたようなデザインにしてみました。
ユキちゃん、ありがとう。
このロゴで色んなグッズなどを作ってみたいと思っています。


11月10日 (木)  厩舎&パドック作り〜その2〜

代休を取ったので今日から4連休。
先週取りかかった厩舎とパドック作りを仕上げたいと思っている。
さらに乾草も届けてもらう予定となっているので休みと言えど忙しい。
さて厩舎はと言うと、
木材の塗装が終わり、支柱を束石にはめ込んで、
壁として何枚かの板材を打ち付けるところまで終わった。
一方、愛馬達はのんびりと寝転んで気持ちよさそうだ。
羨ましいなぁ・・・。

20051110-1.jpg 20051110-2.jpg 20051110-3.jpg



| 1 | 2 | 3 |