Diary 2005. 2
メニューに戻る
2月1日 (火)  ばんえい競馬が映画に?!

帯広競馬場を舞台としたばんえい競馬の小説、
「輓馬」が映画化されることになったそうです。
原作は帯広市出身の作家の鳴海章 氏、
監督は根岸吉太郎 氏、脚本は加藤正人 氏だそうです。 
どんな映画になるのか楽しみだなぁ。
これで少しはばんえい競馬と輓馬の知名度が上がると良いのだけれど。

Sさんからまた牛の初乳を頂いた。
とてもありがたい!

夕食は春雨、豆腐、茄子、挽肉を使って、
キムチ風炒めを作った。
はちみつを使って甘みも出したら結構美味しかった。
実はここにも初乳豆腐が入っています(苦笑)。

20050201-1.jpg



2月2日 (水)  たんぽぽワイン

去年の夏にタンポポの花を摘んで仕込んでおいた、
たんぽぽワインがデビュー。
ちゃんとアルコール発酵して糖分がアルコールになっている。
香りはとても素晴らしく味も美味しい。
このまま飲んでもいいけれど、
ロックか水割りにして柑橘の絞り汁を入れて飲むともっと美味しいかも。
発酵って不思議だなぁ・・・。
チーズにしてもワインにしても奥が深い。
牛を飼う気はないので羊や山羊を飼って、
羊乳や山羊乳でチーズを作ってみたい。
ワインも葡萄の栽培から手掛けてワイナリーを作ってみたいなぁ・・・。
果てしない夢だけど。

さて夕食はというと、
サーモンの香草焼きなるものを作ってみた。
まず酒と塩・胡椒でサーモンに下味をつける。
バターとチーズをとかして火にかけて混ぜ合わせ、
それにパン粉やバジルにオレガノにタイムを混ぜ込み、
出来たものを下味のついたサーモンに塗り、
オーブンで20分ほど焼き上げたもの。
ハッキリ言って作り方は適当で、
思いつきでやったわりにはなかなか美味しかった。

20050202-1.jpg 20050202-2.jpg



2月3日 (木)  養老牛温泉へ

養老牛温泉へ会議と懇親会で出張。
お酒と温泉ってやっぱり黄金パターンだろうな。


2月4日 (金)  タイニーハウス

養老牛からの帰り、
道路が通行止めでしばらく宿で足留めを食らった。
幸い一本だけ開いたので計根別方面から帰る事に。
それでも地吹雪で時にホワイトアウトで視界ゼロ。
本当に車のボンネットも見えないのは恐怖だ。
どうなっているのか車を降りて道路状況を歩いて確かめつつ、
吹きだまりを乗り越えながら帰ってきた。

Sさんのおすすめもあって「タイニーハウス」という本を買った。
小さな家というか隠れ家のような家が沢山載っていて、
すごく夢のある本だ。
写真や図面もついているので、
ついつい作りたくなってしまう。
ん・・・作ろうかな・・・。

20050204-1.jpg



2月5日 (土)  除雪車の除雪により・・・

車のフロントガラス等が割れている事に朝気が付いた。
周囲にはたくさんの雪の塊(半分氷)が散らばっており、
どう考えてもこれは除雪車の飛ばした雪塊による被害。
急いで中標津警察署に電話して来てもらう事に。
役場にも問い合わせてみると我が家の前の道路の除雪は、
役場かSK開発がやっているとの事。
まず警察がやってきて色々尋ねられたのだが、
なんとも頼りなげで言ってる事もトンチンカン。
これは除雪によるものかどうかも確定できないし、
もちろん被害の賠償も難しいと。
なぜ?素人が見たって除雪による被害じゃないか!と心の中で思っていると、
SK開発の方がやってきた。
まず開口一番「ご迷惑かけてすいません」。
これは除雪による被害は間違いないので、
役場になるかうち(SK開発)になるかは分からないけど、
修理代は必ず負担させて頂きますと。
警察と随分違うんだなと正直思った(苦笑)。
で、その後役場の方がやって来て、
結局ここまで雪塊を飛ばす事が出来るのは役場の除雪車だという事になり、
役場の方で修理代を負担してもらえる事になった。
一件落着で良かった良かった。
結局警察の方は何をしに来たんだろう?
最後の去り際には自分で防衛対策をとるのも大事だと言い出す始末。
おいおい自分の敷地内に車を停めておいて被害にあっただけなのに、
どうしてこっちが対策をとらなきゃならないのか。
しかもネットを張れだと?!
そんなもの張っても暴風雪や除雪でふっ飛ばされるに決まってるし、
景観上絶対そんな見苦しい事はやりたくない。
まったくどういう神経してるんだか・・・。

夜は「はまなす乗用馬生産組合」の総会と親睦会。
強風によりかなり雪の吹きだまりが出来ていて、
行き来できるか心配だったがなんとかなった。
強風による地吹雪で視界がなくなると同時に、
風の集まるような場所は人の背丈ほどの雪の吹きだまりが出来ていて、
通る事など到底不可能になってしまうのだ。
わずか数km山に近いというだけで全然気候は違っている。
ただ我が家はまだ良い方で、
我が家の北側にある防風林のさらに北側になると、
本当にもう世界が違う。
ちょっと行ってみたが恐ろしくなって引き返してきたくらいなのだ(苦笑)。

20050205-1.jpg 20050205-2.jpg



2月6日 (日)  ドリンクチェスゲーム

午前中は運転免許証の更新の講習会を受けた。
日曜日は釧路の運転免許試験場でしか講習会を受けられず、
ちょっとサラリーマンにとっては辛い。
中標津警察署で日曜日に講習会をやってくれればいいのに。

せっかくだから釧路で色々とお買い物。
釧路のジャスコの中にある雑貨屋(本屋?)にて、
面白いものを見つけて衝動買いしてしまった。
グラスチェスという品物で、
チェスの駒がグラス(コップ)になっているのだ。
それにお酒などを入れてドリンクチェスゲームというゲームが出来る。
駒を動かす時に一口飲むとか、
駒を取られたらその駒に入っているものを全て飲むとか、
自分の陣地の最も手前までポーンの侵入を許すと、
自分の持っているポーンのお酒を全部飲まなければいけないとか、
他にもたくさんのルールが書いてあった。
きついお酒でやるとベロンベロンになる事間違いないが、
これはすごく面白い。
手作りのカクテルとかでも奇麗で良いよな〜。
久々に頭の体操になったし。
でもチェス自体はあまりやった事が無くて、
これはさらに勉強する必要があるかな。
でもこのグラスチェス、
飾っておくだけでもかなり美しい。
値段も意外に安かったのでこれは良い買い物をしたのかも?!

昼食は釧路の「かまど屋」という洋食レストランでとった。
初めて入った店だったけれど、
味はもちろん値段もかなりリーズナブルで量も多く大満足。
ランチとんかつは580円でこの量。
また是非来たいと思えるような店だったな。

20050206-1.jpg 20050206-2.jpg 20050206-3.jpg



2月7日 (月)  北方領土の日

北方領土がロシアに不法占拠されて早60年ですね。
もはやこの歴史的事実も、
多くの日本人にとって薄れつつあるのではないでしょうか?
第二次世界大戦で日本はアメリカに敗れましたが、
ロシアは日本との不可侵条約を破り、
しかも日本が敗戦してから侵略したのです。
そう、降伏してからアメリカ軍が進駐してくるまでには時間がありますからね。
さらに悪いのは、
侵略したロシア軍はそこに住んでいた、
1万人以上の日本人を強勢退去させて日本に送り返し、
ロシア人の移住を進めたのです。
北方四島以外の千島列島も本来は日本の領土でした。
でもこれは固有の領土とは言えないため仕方ないかもしれませんが、
北方四島は日本固有の領土とされています。
国際裁判などで決着つかないものでしょうかね?
一体いつまでこの問題を長引かせるのか、
元島民の方々にとっては複雑な思いなのでしょう。
もし日本人が強勢退去させられないで、
そのまま住んでいたとしたらまだ話は変わってたんでしょうね。
ロシアのやり方は卑怯ですねぇ・・・。

さてエッセイに「馬の飼養管理について」を作りました。
もし興味があるならご覧下さいませ〜。


2月8日 (火)  プレゼント

相方がブーケ・ド・アニヴェルセルというチョコレートをプレゼントしてくれた。
このチョコレート、
画家マイク・シャガールが最愛の人との記念日を描いた「アニヴェルセル」、
そこに描かれた花束をモチーフに、
3色の花と緑の葉を表現した4種のショコラになっています。
赤の花はフランボワーズ、
黄の花はレモンティ、
白の花はヨーグルト、
緑の葉はミント。
なんとも奇麗でお洒落ではないか!
ありがとう〜〜〜。

20050208-1.jpg 20050208-2.jpg



2月9日 (水)  十勝牧場へ

馬の診療技術研修会が2日間にわたって開催されるため、
十勝牧場へ1泊の出張に向かう。
道中、阿寒横断道路にて美しい雄阿寒岳と雌阿寒岳の写真を撮りました。
天気も良く、冬の北海道も素敵です。

今日は馬の疾病、
特に疝痛、ヘモ、蹄葉炎についての研修。
獣医師でもないのでいまいちピンとはこないけれど、
それでも実際の管理で役立つ事もあった。
馬を飼う側の立場からすると、
起こってからどうするかというのももちろん大事だけど、
いかに起こさないように気をつけるかも大事だと思う。
まあいくら気をつけて管理をしていても、
発生率をゼロにする事は不可能だけれど。

20050209-1.jpg



2月10日 (木)  まり子さんより

2日目の研修は飼料(餌)についてが中心だった。
この講師の方は、
以前ホースメイトという雑誌に書かれていた記事を読んだ事があり、
内容もそれに近いものだった。
エッセイの「馬の飼養管理について」でも書いたように、
必要エネルギー量を満たしてやる事も大切だけれど、
その栄養バランスもとても大切です。
リンとカルシウムのバランス、
銅や亜鉛などの微量元素の重要性を改めて認識しました。
またビートパルプや脂肪を使う事はやはり有効なようです。
粗飼料を全てビートパルプに置き換えるわけにはいかないけれど、
ビートパルプはえん麦と同じくらいのカロリーがありながら、
粗飼料としてみれるので安全性も高い。
また近年馬は脂肪からエネルギーを得られる事が証明され、
穀類のデンプンをエネルギー源とするよりも、
脂肪をエネルギー源とすることで消化管に負担をかける事がなくなり、
疝痛や下痢などの消化管障害を防ぎ、
少量で多くのエネルギーを供給できるのだそうです。
まあ我が家ではそれが分かったから、
ビートパルプや脂肪含量の高い米ぬかを使うようになったんですけどね。

さて、以前我が家に滞在した、
漫画家のまり子さんから色んな物が送られてきた。
手作りの馬の置物やユウを描いた木板、
お手製の漫画に色んな食品まで・・・。
ありがとうございました。
置物はどこに置こうかなぁ・・・、
木板はユウのいるパドック?に打ち付けておこうか。

20050210-1.jpg



| 1 | 2 | 3 |