Diary 2006. 4
メニューに戻る
4月1日 (土)  チーズづくり

牧舎は今年もやらせてもらえる事になって相方が準備を始めたようだ。
私は大好きなチーズづくりにもっと力を入れ、
モッツァレラだけじゃなく、カチョカバロやハードタイプにも挑戦してみたい。
チーズづくりだけに専念できれば最高なんだけどなぁ(苦笑)。
もっと勉強し、もっと経験を積み、
羊でも飼って羊乳チーズとか作れるようになったらいいな。
イタリアの羊飼いにはレンネットから自家製の羊乳チーズを作っている人がいるそうな。
そこまでたどり着いてこそ本当の意味でのフェルミエというやつなんだろうか。
やるからにはそこまでたどり着きたいものだ。

3日に帯広競馬場でばんえい競馬の新馬テストがあり、出張で行ってきます。
今年は受験頭数も少ないみたいで寂しい状況だけれど、
何十年ぶりかの帯広でのテストという事で楽しみだ。


4月2日 (日)  F-1オーストラリアGP

セーフティカーが4回も入るという荒れたレースにもかかわらず、
今回スーパーアグリF-1の2台がついに揃っての完走となった。
新しく取り付けられたフロントウイングは両端がオレンジ色で目立つしいい感じ。
琢磨のレースペースもミッドランドといい勝負になってきたのが面白い。


4月3日 (月)  ばんえい新馬テスト

帯広競馬場にてばんえい競馬の新馬テストがあった。
受験頭数も少なく季節はずれの吹雪の中、我々は頑張って名簿売り。
馬場水分が高いとソリの滑りが良く、軽いといわれる。
これは軽種の競馬と逆の部分。
おかげでほとんどの馬が合格するという事態となった。

20060403-1.jpg 20060403-2.jpg 20060403-3.jpg



4月4日 (火)  10万ヒット突破!

このホームページ、開設して5年になるけれど、ついに10万アクセスを突破した。
皆様、いつも見ていただいてありがとうございます。
誰が10万を踏んだのか分からないのがちょっと残念(苦笑)。


4月5日 (水)  焼肉

夜、Sさんに誘われて、彫刻家である宮島さんを囲んでの焼肉パーティ。
宮島さんの作品は、牧舎のある佐伯農場内のギャラリー倉庫にて展示されています。
お時間のある方は是非お立ち寄り下さいませ。


4月6日 (木)  役員会

根室馬事振興協議会の役員会。
ばんえい競馬存続のための署名活動を展開するため、
各地区の役員の方々にご協力を仰いだ。
ばんえい競馬が無くなれば輓馬の飼養者減少はますます拍車がかかり、
畜産としてだけの馬産では面白みがやっぱり少なくなるだろう。
馬は黒毛和牛と違って肉以外の用途が豊富である。
あわよくばばんえい競馬に自分の生産馬が走るという夢を見れるし、
馬車として、乗馬として使うのも良し、そして景観的にも美しい。
ただ、個人的に思う唯一の難点は、
馬は頭も良く人に懐くので、情が移って手放しづらいところかな(苦笑)。


4月7日 (金)  鶏の脱走対策

我家の鶏、名古屋コーチン・ホシノブラック・アローカナ。
名古屋コーチンとホシノブラックは高い壁を乗り越えて脱走はしないんだけれど、
アローカナだけは恐ろしい跳躍力?で2mくらいの高さのある壁をよじ登り、脱走する。
そこでさらに壁を高くしたり、ネットの網目を細かくしたりとちょっと細工してみた。
アローカナは他の2品種と違って改良されている品種ではなく、チリ原産の青い卵を産む鶏である。
改良されていない品種だけに道産子などと同じく逞しく警戒心も強いのかもしれないな。


4月8日 (土)  カラオケ

久々のカラオケ。
中標津でカラオケボックスに行くのは5年ぶりくらいかな。
TS君と相方とでカラオケ「チャンプ」へ。
それにしても1時間1000円って滅茶苦茶高い相場だよな。
釧路などへ行けば1時間100円で入れるのに。
でもエスカロップはまずまず美味しかった。

夜は、はまなす乗用馬生産組合の通常総会〜。

20060408-1.jpg 20060408-2.jpg



4月9日 (日)  KKRかわゆ

川湯温泉ではマイナーなKKRかわゆへ日帰り入浴に行った。
案の定ほとんど客はおらず貸し切り状態。
人が少ない方がいいに決まっているのでこれはありがたい。
ところでKKRの意味とは、国家公務員共済組合連合会だそうな。
ただ、パンフレットには宿泊料がいくらとか、必要な情報が記載されておらず、
客本位のサービスが展開されているかどうかは疑問かな。

帰りに小川でクレソンをたくさん採ってきた。
もちろん夕食はクレソンの天ぷら〜。

20060409-1.jpg 20060409-2.jpg



4月10日 (月)  たいようのこSEEDS

インドを旅して帰ってきた北見のユキちゃんから、
現地の種や乾燥ハーブ等をお土産として送ってきてくれた。
どれも不思議な野菜の種ばかり。
しかもすごいのはたいこようのこSEEDSというオリジナルラベルを作り、
市販の種かと見間違うほどの出来映えになっていた。
こういう遊び心、大好きだし、とっても凝ってる。
ありがとう、大切に育ててみます!

20060410-1.jpg



| 1 | 2 | 3 |