Diary 2006. 6
メニューに戻る
6月1日 (木)  陶芸教室〜3日目〜

先週に引き続き夜は陶芸教室。
2つ目の作品に取りかかり、八角形の皿を作る事にした。
角をうまく出すのがちょっと難しかった、かな。

20060601-1.jpg



6月2日 (金)  子馬の初放牧

ようやく天気が良くなってきたのでルーシー親子を放牧に出した。
去年のポーレ同様、しばらくは激しく走り回り、実に気持ち良さそうだった。
走り疲れたら乳を飲んで、お腹が一杯になったら寝転んで、目が覚めたらまた遊んで・・・。
こういう風景ってのどかでいいなぁ。

夜は陶芸教室に行った。

20060602-1.jpg 20060602-2.jpg 20060602-3.jpg



6月3日 (土)  気持ち良さそうな子馬

天気の良い日中、子馬は横になってスヤスヤと眠ってる。
近付いてみると、ん?と一旦顔を持ち上げ、またすぐに眠ってしまった。
ちなみに、Sさんが乾草ロールを運んできてくれた。
いつもありがとうございます!!!

夜、牧舎にて歩く道をつくる会の食事会。
とても話が弾んでいるようだったし、
作った料理もほとんど食べてくれて、良かった良かった。

20060603-1.jpg 20060603-2.jpg



6月4日 (日)  ナータの初障害飛越

早朝、KO君がやってきて一緒に乗馬。
今回、ナータを初めて障害に向け、飛越の調教をついに開始。
初めは横木を跨ぐ事もためらい、拒否したかと思いきや、
停止した状態から突然のびっくりするような飛越をしてふっ飛ばされたりもしたけど、
少しずつ障害の高さを上げ、何度もやっている内に飛越も安定し、
60cmの低い障害を普通に飛越するようになった。
初めてにしてはまずまずだったのかな。
継続的に練習&調教が出来ればいいんだけど・・・。

乗馬後、KO君に手伝ってもらって、
Sさんが運んでくれた乾草ロールを転がして厩舎の中に入れる作業をした。
相変わらずこれはきつい。

そのままKO君とウドを採りに行ってから牧舎へ向かい、
川の側の白樺の木の下、芝生の上で気持ち良く焼き肉をした。
その後、パークゴルフをしたりと、
天気の良い一日を満喫出来て、とても充実してたなぁ。

20060604-1.jpg 20060604-2.jpg 20060604-3.jpg



6月5日 (月)  パジェロの水温計

最近、パジェロの水温計の示す温度が高い領域を行ったり来たりする。
ボンネットを空けてみると冷却水が減っていたので、
とりあえずイエローハットで冷却水を買って注ぎ足してみたものの、解消せず。
ん〜・・・。


6月6日 (火)  中標津町種馬共進会

中標津町種馬共進会に審査員として招かれたので、
3年連続、この共進会の審査員を務めた。
最高位賞に選んだのは2才雌の部の1等賞1席「帆瑠斗ヒル」号。
肩を痛がってるのがちょっと気になったけど、
それを差し引いても魅力ある馬だった。
ただ、第4部の3歳以上雌の部で、子付きが1頭もいなかったのがとても残念。
子付きじゃないとこの部の馬を最高位賞に選ぶわけにもいかないし。

20060606-1.jpg 20060606-2.jpg



6月7日 (水)  寒い

6月に入ってからなんだか天気もいまいちで寒い毎日。
最高気温が一桁なのはいただけない。
それにしても根室管内の馬の共進会(品評会)の申し込み取りまとめ中なんだけど、
今週いっぱいが閉め切りなのにまだ3頭しか集まっていない。
これはどういう事だ?
2、3年前は70頭以上の申し込みを集め、当日も60頭以上の出陳があった年もあったのに、
今年度は開催すら怪しい状況。
4年に一度の全道共進会の予選を兼ねているのにまずいな・・・。


6月8日 (木)  ビェールイヴェーラ

KSさんがロシア語辞典をわざわざ送って下さった。
ありがとうございます!
早速、しばし眺め、子馬の名前を何にするか頭をひねる。
芦毛なので白をイメージするような名前で、
しかも音が良くて呼びやすい名前という事で検討した結果、
ロシア語で「白の信仰」という意味になる「ビェールイヴェーラ」という名前にする事にした。
普段はヴェーラと呼びまする〜。

20060608-1.jpg



6月9日 (金)  夜遅くまで

管内の馬の共進会の出陳頭数が集まらないため、
夜遅くまで残業して電話攻勢。
心当たりがありそうなところに片っ端から電話をかけ、
馬を出してもらうようにお願いし続けた。
20人ほど電話して、1桁だった頭数もなんとか30頭を突破。
これでなんとか共進会になりそうだ。


6月10日 (土)  豚しゃぶ&カクテルパーティ

先週から企画していたKO君宅での豚しゃぶ&カクテルパーティ。
TS君や相方と合わせて合計4人でワイワイと賑やかに楽しんだ。
KO君のお宅にはものすごい種類のお酒が揃っており、
これを使わせてもらってカクテルを次々と作ったんだけど、
結果、みんなかなり悪酔いしたらしく、
次の日はもちろん二日酔い〜。


| 1 | 2 | 3 |