Diary 2006. 7
メニューに戻る
7月1日 (土)  土地探し

馬が大分増えてきたのもあるし、
広い放牧地でも欲しいな〜と思って最近田舎物件を物色している。
そんな中、たまたま隣町の緑というところに、
9ヘクタール(27,000坪)で800万円の土地を見つけた。
釧網線の列車が通る緑駅まで徒歩で10分、
しかも緑には温泉施設やスキー場まであっていずれも徒歩圏内。
ちょうど川と鉄道の線路に囲まれた土地になっていて、馬を放すにも理想的。
出来れば中標津でと思っていたけど、
実際に下見をしてみてこの土地そのものの魅力にグラッときて、
真剣に購入を検討すべく銀行に融資の相談に行ってみた。
融資を受けるには固定資産税の評価額が分からないといけないということで、
確認するために電話してみると・・・数時間前に契約が成立してしまったと!!!
これはショックだった。
もし契約解除になれば話は回ってくるけどその可能性は極めて低い。
下見した時に「とりあえず買う」と言ってしまえば良かったんだろうなぁ。
まあいいや、土地は根気良く探そう・・・。

20060701-1.jpg 20060701-2.jpg 20060701-3.jpg



7月2日 (日)  乗馬

昨晩はKO君がやってきて馬を見ながらバーベキュー。
そして今朝は恒例の乗馬&調教。
ナータは相変わらず安定していないし、サンは相変わらずイケイケ。
ナータの障害飛越は高さ60cmくらいだけど、1mくらいの飛翔をする。
バネもあるし歩様もいいし、期待は出来るけど今のところズブイ。
もっと頻繁に乗ってやれればいいんだけどそうもいかないしなぁ・・・。
その後牧舎へ移動して今度はパークゴルフ。
ギラギラと照りつける太陽が暑く、
汗だくになってクラブを振り回すのだった。

20060702-1.jpg 20060702-2.jpg 20060702-3.jpg



7月3日 (月)  とある不動産業者

昔、まだ今の土地が見つかってなくて、
どこかに馬を飼えるような広い土地は無いかなぁと思っていた時の事。
中標津の市街地でたまたま広い土地物件を掲示してあった広告を見つけ、
その掲載されていた不動産屋へ行ってみた事があった。
今日、久々にその業者へ足を運んでみたところ、
向こうもおぼろげに覚えていたらしく、
時間はかかるかもしれないけど探してみてくれるとの返事を貰った。
丁度数年前にもその業者から電話があり、
いい土地が見つかったんだけどどう?と言われたんだけど、
その時はすでに土地を見つけて馬を飼ったばかりの状態で、
規模拡大する気も無かったので断っていたのだった。
ただ漠然と広い土地が欲しいなぁと思っていたって見つかるわけは無く、
地道に声をかけ、探す努力をするのは大事。
気にいらなかったら買わなければいいだけの話だし、
自分の納得がいくまで探してみたい。

農地法さえなければこんな苦労はしないし、どうにかならないものかな。
土地を農的利用するためであっても農家じゃなきゃ農地は所得出来ない。
本来農業を守るための農地法なんだろうけど、
一般人にとっては逆に農業に手を出せない状況になっている。
新規で第二種兼業農家ではこの辺では農家として認めてもらえないし、
農業委員会の事務局に相手にされなかった。
私のような立場でも農家として認め、農地の所得を許可している地域もあれば、
中標津町のように相手にしてくれないところもあるわけだ。
要するに行政のやる気次第。
中標津町はそういうとき、地元では前例がないからと断る。
前例がなくても取り組んでやろうという心意気はもちろんない。
私が全国的な有名人なら話は違うんだろうけど(爆)。
まあ愚痴ってもしょうがない。
頑張るのみ。


7月4日 (火)  獣医師

よく馬を飼われている農家さんが口にする言葉。
馬を診れる獣医師が少ない。
根室管内は酪農が主産業なので、
牛を診る機会はあっても馬を診る機会はどうしても少ない。
しかもNOSAIでは毎回決まった人が診療に来てくれるわけではないので、
例え支所内に馬を診れる人がいたとしても、
必ずしもその人が来てくれるとは限らない。
というわけで馬を飼う人は開業の獣医師に頼む事が多くなり、
それがすなわちさらに馬を診れるNOSAIの獣医師を減らすのに拍車がかかる。
馬について勉強したいと思っても上司の理解が得られない事も多いらしく、
牛も診れないくせに馬なんてという人もいるんだとか。
そういう人に限って馬は診れない。
逆に、馬も診れないくせに獣医師を語るなと反論したくなる。
大動物の獣医師なら牛だって馬だって診れないとね。
牛医とか馬医とかって名乗るなら別だけど。


7月5日 (水)  北朝鮮ミサイル発射!!!

朝からこのニュースで持ちきりだった。
アメリカの独立記念日に発射するとは・・・しかも7発。
個人的にはミサイル発射というカードをチラつかせつつ、
実際には発射はしないと思っていたんだけど。
でもアメリカまで射程圏におさめるというテポドン2号は失敗したらしいし、
また近日中にミサイル発射があるかもしれないな。
もし日本本土に落とされたら、日本はちゃんと防衛できるのだろうか。
話し合いで解決とか言ってアメリカに避難したりして(爆)。


7月6日 (木)  日ハム9連勝

プロ野球球団、北海道日本ハムファイターズは、
なんと42年ぶりに9連勝をしたんだそうな。
道民の球団と言ったって中標津までは遠征してこないのでピンとこないけど、
でもやっぱり心のどこかでは応援している。
野球自体、ほとんど観ないんだけどね。
あの万年最下位だったロッテが強くなって優勝したんだし、日ハムも頑張れ!


7月7日 (金)  陶芸教室最終日

陶芸教室の最終日は恒例のお茶会。
陶芸界の貴公子M先生手作りのケーキもあって毎回とても楽しみにしている。
自分の器も出来あがってお菓子やお茶まで頂けて1000円なら安いよなぁ。
ちなみに私の器は左と真ん中の写真の器です。
八角形の皿、四角形の皿、そして大皿(和菓子が載ってるやつ)。
さて何に使おうか。

20060707-1.jpg 20060707-2.jpg 20060707-3.jpg



7月8日 (土)  iPodとApple Hi-Fi

ついに念願だったiPodとスピーカーであるApple Hi-Fiをインターネットで買った。
iPodはU2のSpecial Editionの第4世代で黒に赤がとても目立つ。
これで音楽を聴く楽しみが出来た。

日中は牧舎でモッツァレラ作り。
今回もうまくいった〜。
半日かけて失敗したりするとかなり絶望的になるんだけど、
成功するとやっぱり嬉しい。

20060708-1.jpg 20060708-2.jpg 20060708-3.jpg



7月9日 (日)  障害飛越練習

昨晩からKO君とTS君がやってきたので外で七輪にてジンギスカン。
今朝はナータとサンで障害飛越練習&調教を行った。
TS君はサンに乗って初の障害飛越だったものの、
低いクロスならなんとか行けるけどそれ以上の高さは反抗されて飛越出来ず。
サンなら誰でも飛べると思っていたけど意外とそうではないらしい。
ある程度、騎乗者がしっかりと御せていないと向かっていかないようだ。
ちなみに私はナータに乗って相変わらず60cmの飛越調教をしていたら、
拒否して止まったと思った瞬間に跳ね上がって障害を飛び越えて、
結果、後頭部から地面に叩きつけられるという派手な落馬をしてしまった。
目から火花とはこのことで、しばらく目眩がして立ち上がる事も出来ず。
夕方になった今も頭に鈍痛が残っているし首はムチウチでひどい。
新馬の調教はアクシデントがつきものだし、今度からはヘルメットを被ろう。
サンに乗ってるなら別にいいけど、ナータはどんな行動をするか読めない。
日中はまた牧舎でKO君とパークゴルフをした。

20060709-1.jpg 20060709-2.jpg 20060709-3.jpg



7月10日 (月)  デッキ作り

我が家にもついにデッキが出来そうだ。
庭や馬を見ながらのバーベキュー、より快適になる事でしょう〜。
出来上がりが楽しみだ!

20060710-1.jpg 20060710-2.jpg



| 1 | 2 | 3 | 4 |