Diary 2007. 3
メニューに戻る
3月31日 (土)  弟子屈へ

今朝はナータに乗馬。
KSさんにナータで障害練習をしてもらったけど、ちょっとナータは荷が重かったかな。
ある程度気合を乗せてやらないとまともに飛ばないし、
もともとデリケートな馬なので足場の悪いのも気にしているようだった。
一度失敗するとしばらく尾を引くし、雌馬だからか、扱いはなかなか難しい。
それでもそこそこの高さは飛んでくれた。

日中は弟子屈方面へ。
まずは摩周湖。
夏は霧で湖面が見えづらい摩周湖も、冬なら天気さえ良ければ大概は見える。
次に川湯温泉駅のオーチャードグラスで軽く昼食を取って、硫黄山へ。
なんと卵売りが復活していて最悪。
それでも持参した我家の卵を硫黄ガスで蒸し(今回は茹でか?)、美味しく頂いた。
そのまま川湯方面へ走って、砂湯、コタンと周った。
コタンはやっぱり白鳥を見ながら温泉露天風呂に入れる最高の場所。
ここは外せないよな〜。

夜はカクテルパーティ。
ようやくマネキネコの材料を揃えたのだった。

20070331-1.jpg 20070331-2.jpg 20070331-3.jpg



3月30日 (金)  根室へ

今日は代休。

朝、KSさんにはサンちゃんに乗ってもらった。
ところがいつものサンちゃんではなかった。
いまいち元気が無く、いつものイケイケは鳴りを潜めてしまい、どうも反応が鈍い。
調子が悪いのか、それとも足場が悪くて嫌なのか、障害練習は諦めて外乗にした。
ポクポクとただ散歩するだけでも結構気持ちの良いものだ。

日中は根室へ。
厚床駅、根室の道の駅と寄り道をし、お気に入りの「合歓の木」でエスカロップを食べた。
もちろんKSさんはエスカロップの存在は知らなかったらしいけど、まあ無理はないだろう。
おそらく、道内の人でも根室以外の人は意外と知らないと思う。
合歓の木のエスカロップはちゃんとタケノコ入りバターライスになってるし、景色も良い。
次に根室駅、納沙布岬と周り、車石と花咲港、そして浜松海岸、
さらには昔佐藤さんが馬を飼っていたフレシマの海岸へも懐かしくなって寄ってみた。

夜は養老牛温泉の「湯宿だいいち」へ日帰り入浴。
ロケーションが良いので誰を連れてきても喜ばれる温泉かな。

20070330-1.jpg 20070330-2.jpg 20070330-3.jpg



3月29日 (木)  愛媛よりKSさん

私の故郷、愛媛よりKSさんが3泊4日でやってきた。
お昼の飛行機で中標津入りし、夕方まで街で時間をつぶしていてもらって、
私の仕事が終わり次第、お迎えにいった。
開陽台に寄ってから帰宅し、相方や馬達とご対面〜。
お土産には六時屋のタルト、じゃこ天、みかん各種、そして「春」を頂いた!
一足早く桜を見る事が出来て感激。
愛媛は中標津より1ヶ月以上春の訪れが早いんだなぁ・・・。

20070329-1.jpg 20070329-2.jpg



3月28日 (水)  ばんえい競馬

平成18年度のばんえい競馬は、発売総額が前年対比94.2%と厳しい数字となったが、
1日平均入場者数は前年対比106.8%と上向いたそうだ。
そういえば、この前のばんえい記念の時も、カメラを持った人や若い人、女性も結構いたように思う。
こういった新たなお客様は、すぐには馬券発売額を大きく伸ばしてはくれないかもしれないけど、
こういう方々が何度も訪れてくれるような競馬場にしなければ先行きは暗くなってしまうだろう。
競馬場がもっと気軽に行ける場所に、そして明るく快適に過ごせる場所に、なってくれるだろうか。
頑張ってほしい。


3月27日 (火)  あいのり

スカパー721chで、連日連夜「あいのり」の再放送がされていて、ついつい観てしまう。
特に最近カナダが気になっているので、カナダでの旅は興味深く観ていたけど、
ケベックからアルバータまで飛ばしすぎだろう!
途中のマニトバやサスカチュワンはどうなってたのかさっぱり分からず・・・。
多分、レストランとか一部映っていたんだろうけど、どこがそうなのか分からないし。
ん〜残念。


3月26日 (月)  農用馬生産振興北海道ブロック会議

同じく帯広で農用馬生産振興北海道ブロック会議があって出席した。
馬関係の補助事業については事業数も補助金額も増加されることとなり、ありがたい。
おおむね15頭の種付をした種雄馬に対し、
輓系の子馬で血統登録を受けた馬に対し、
ばんえい競馬に合格した馬の父馬および母馬の生産当時の管理者に対し、
現行でそれぞれ1頭あたりいくらという補助金が交付されていて本会でとりまとめをしているが、
次年度からはさらに、ばんえい競馬出走歴のある繁殖雌馬から生まれた産駒が、
ばんえい競馬の新馬テストに合格し、初出走した場合、1頭あたり10万円が交付される事になった。
さらに、主要な重賞レース、特別レースの優勝馬の生産者に生産者賞も交付される事となり、
各方面補助金が削減される中、輓系馬に対しては前年対比約110%という手厚い助成が行われる事となり、
輓系馬の生産者にとっては非常にメリットも大きいのではないだろうか。
本会の補助金交付規程を全面的に見直さなければならないなぁ・・・大変だ。


3月25日 (日)  ばんえい記念

とうとうやってきたばんえい記念。
4連覇したスーパーペガサスが引退した今回、
結果はトモエパワー、シンエイキンカイ、ミサイルテンリュウが1〜3着。
何と言ってもトモエパワーの強さを見せつけられたレースになった。
馬券については私は穴党なのでこれらの馬はもちろん買ってない。
単勝で買ったスターエンジェルは5着であった。

夜は優良農用馬生産者表彰式。
根室管内からは、ばんえいオークスを制したキキリンドウ号の生産者、亀田英二氏と、
同じくばんえいオークスにて4着に入ったヒメカワキタ号の生産者、富沢保男氏が表彰された。
どちらの方も中標津の生産者である。

20070325-1.jpg 20070325-2.jpg 20070325-3.jpg



3月24日 (土)  出張です

明日は帯広競馬場でファンサービスのお手伝いと夜は表彰式、
そして明後日は同じく帯広市で夕方まで馬関係の会議で出張します。
では〜。


3月23日 (金)  もうすぐ・・・

明後日の25日の日曜日、帯広競馬場にてばんえい競馬最大のレース、「ばんえい記念」がある。
ばんえい競馬を観た事がない人も、観た事がある人も、きっとこのレースには鳥肌が立つだろう。
今年はばんえい記念4連覇したスーパーペガサスが引退し、
毎年2着に甘んじてきたミサキスーパー、
今年に入ってからも好調なミサイルテンリュウあたりが軸になるんだろうか。
ばんえい記念はなんと、雄馬で1トン、雌馬で980kgの重量をひく。
出走予定の雌馬2頭、アンローズ、スターエンジェルにも健闘を期待したい。


3月22日 (木)  ニセコワイン

以前共和町に行った際に買った、ニセコの山葡萄ワインの甘口が美味しい。
山葡萄は渋みがあるがゆえ、甘口にすると飲みやすいというのもあるんだろうか。
個人的には好きだ。


| 1 | 2 | 3 | 4 |