Diary 2007. 4
メニューに戻る
4月30日 (月)  山女(ヤマメ)

朝4時頃に目が覚めた。
いくら羽毛の寝袋に包まっているとはいえ、さすがに少々寒かった。
日の出と共に側を流れている川で釣りをしてみると、
大して時間もかからず山女が3匹釣れ、早速朝食となった。
おにぎりを包んでいたアルミホイルを再利用し、
千切ったキャベツと釣れた山女、
塩が無かったのでバターと焼肉の余ったタレを少し入れて、
包んで七輪の上に載せて10分ほど蒸し焼きにして食べた。
それなりに美味しかったけど、塩の偉大さを改めて痛感。
そうこうしていると、役場の方が通りかかり、声をかけてくれた。
「寒いでしょ?5月からオープンに決まってるから、炊事場もトイレも開けるわけにいかないんだわ」
とのこと。
ん〜さすがお役所。
民間のキャンプ場だったら、多分開けてくれるんだろうなぁ・・・。
でも民間だったら無料というわけにはいかないんだろうけど。
無料で開放してくれているだけでも鶴居村には感謝感謝。
町村合併でどんどん村がなくなる現在、こうして村を維持する鶴居村に拍手。
市よりも町、町よりも村が好きである。

朝9時にはテントも片付け、帰る途中、標茶町の多和平へ。
ひさびさに買ったパンはやっぱり美味しかった。

20070430-1.jpg 20070430-2.jpg 20070430-3.jpg



4月29日 (日)  今年初キャンプ!

今年初のキャンプ地は鶴居村の「つるいキャンプ場」。
日中は20℃にも達する暖かさで、むしろ暑いくらいだった。
ただ、他の多くのキャンプ場がそうであるように、ここも5月からのオープン。
もともと無料で管理人もいない予約も必要ないキャンプ場なので関係ないけれど、
炊事場やトイレなどはもちろん使えない。
とはいえ、そんなものは使えない方がキャンパーも少なく、野性味があって良いのかも。
いずれにしてもこの時期からキャンプをする人間は非常に少なく、
今回もキャンプしていたのは我々だけだった。
特に北海道の人は寒さに弱く、活動的ではない人が多いせいもあるかもしれないが。
川を挟んで対岸には鶴居村運動公園があり、日中はとても賑やかだった。
鶴の形をした喫茶店にはハートンツリーの手作りパンが売っていて、これがうまい。
それにしてもこの運動公園の賑わいには驚いた。
夜は七輪に炭をおこし、バーベキュー。
さすがに夜ともなると気温も下がり、寒くなってくる。
おまけにランタンを忘れたので、日没と共にテントに入り、寝る事に・・・。

20070429-1.jpg 20070429-2.jpg 20070429-3.jpg



4月28日 (土)  かぼちゃマカロニグラタン

何となく気分で作ってみたかぼちゃソースのマカロニグラタン。
適当に作った割りに、かなり美味しかった。
これはしばらくはまるかもしれない。

20070428-1.jpg



4月27日 (金)  ばんえい十勝

新生ばんえい競馬が開幕した。
「ばんえい十勝」と名乗り、新たなスタートを切ったわけだが、
個人的には十勝という言葉は外すか、北海道にしてほしかった。
何だかこれだと十勝の馬だけでやっているような感じがしてしまう。
ファンファーレも変わったけれど、前の方が個人的には好きかも(苦笑)。


4月26日 (木)  馬の登録事務変更

根室管内の各農協馬担当者を集め、馬担当者会議を開催した。
今年度より、私自身が全て請け負っていた事務作業を本来のやり方に近づける、
つまり、申請書や必要書類は農家なり農協で準備していただく事になった。
今までは要するに過剰サービスをしていたわけであり、
それをやることにより、農協がやるべき事がなくなり、農協の馬離れを加速した感もある。
手数料は払っているし、やるべきことをやってもらおうというわけだ。
馬農家にとってはおそらくかなり楽な状況だったろうが、今後はそうはいかないだろう。
馬生産者から種付証明書は種雄馬管理者からもらってくれと言われ、
種雄馬管理者に問い合わせると種付料をもらってないから発行するわけにはいかないと言われ、
せっかく特徴を採った血統登録申請が台無しになってみたりもした。
こちらで農家別に繁殖雌馬台帳を整備していたので、
農家で本来必要だった母馬の登録書原本は提出しなくても良い状況にしていたり、
様々な照会事項も農協を通さず、直接農家とやり取りをしてきた部分は多大にあった。
申請書の中身も全て私の方で記載し、一切農家、農協の手を煩わせないように配慮していたのだ。
今後は、農家の方で申請書を記載しなければならない部分も出てくるかもしれないし、
種付証明書や母馬の登録書といった、
本来用意していなければならないものも準備しておいてもらうことになる。
これも次年度以降を見据えて、引継ぎの一環として馬の登録の業務内容改革に取り組んだものだ。
これで今後どうなるかはわからないけど、
事務手続きの効率化、迅速化がなされるだろうし、トラブルも減る事を期待したい。
育児や動物の躾もそうだけど、やっぱり甘やかせるのは良くないんだろうな、きっと。


4月25日 (水)  レストラン牧舎

2年間に渡って相方と共に切り盛りしたレストラン牧舎、
今年はSさんの娘さんによって営業されることとなったようだ。
牧舎を手伝った2年間は本当に色々と勉強になった。
たくさんの人にお世話になったし。
まあほとんどモッツァレラ作りにはまっていたような気もするけど。
今後、いつか、ランチワゴンでもやってみたいな・・・。

20070425-1.jpg 20070425-3.jpg



4月24日 (火)  動物達

我が家の動物達ののんびりとリラックスした姿を見ていると、とてもなごむ。
彼等は幸せだと思ってくれているだろうか。
彼等にとって幸・不幸の概念はないかもしれないけど、
人の目から見た幸・不幸ではなく、
彼等の立場に立って、本来の彼等の生活を想像し、それに近付けてやる事が飼い主の義務だろう。
そのためにはそれぞれの動物の生態を学ぶ事は基本中の基本だと思う。
可愛いからと犬を飼う前に、犬はどういう習性を持っていて、野生ではどういう生活をしているのかを学ぶ事。
人が彼等の生活に介在する事で、人と犬との関係をどう築けばいいのか自分なりに考える事。
そして、まかり通っている常識が本当に正しいのか自分なりに検証してみる事。
人にとっての動物の幸せは単なる過保護である事が多く、それをふりかざす人はいかがなものかとよく思う。
本当に動物達の事を想うなら、都会のマンションなどで飼おうなどとは思わないだろうし、
もし飼ったとしたら、自分がその動物のために田舎へ引っ越すくらいの覚悟があったっていいのだから。
そういった事が出来ないのであれば、その動物を愛していると心から言えるのだろうか。

20070424-1.jpg 20070424-2.jpg 20070424-3.jpg



4月23日 (月)  クレソンとホースラディッシュ

春になり、クレソンが採れる時期になった。
クレソンは天ぷらやスープにするととても美味しい。
畑を掘り起こしてホースラディッシュを収穫してみると、結構大きくなっていた。
すりおろして味噌を練り込んだホースラディッシュペーストをご飯に載せて食べると、ご飯が進む進む〜。

20070423-1.jpg 20070423-2.jpg



4月22日 (日)  来客多し

昨晩よりKO君とMSさん、そしてAMさんがやってきて、すき焼きパーティ。
AMさんは夜遅くに帰られたが、残りお二方はお泊まり。
MSさんは東京在住の方だったが、昨秋に我が家に滞在し、北海道が気にいってくれたらしく、
今年の4月より帯広市へ移住なさったそうで、びっくりした。
これからの話や色んな話をして楽しい一時だった。

今日は午前中からデッキで焼き肉。
お昼前にMSさんは帯広へと帰られたが、入れ替わるようにJS君が登場〜。
延々と話が尽きる事がなく、結局気が付いたら夕方になっていた(爆)。

20070422-1.jpg 20070422-2.jpg 20070422-3.jpg



4月21日 (土)  ロールケーキ

先日、Hさんより頂いた手作りのロールケーキ。
美味しかったです、わざわざありがとうございました。

20070421-1.jpg



| 1 | 2 | 3 |