Diary 2008. 3
メニューに戻る
3月31日 (月)  出発!

朝、職場で退職の辞令をもらってからいよいよ自宅を後にする。
予定では4月1日に奥尻島で住民登録をし、
4月2日に新居に荷物を運び込んだり、各種手続きをとった後、
4月3日から5月22日まで帰省を兼ねて旅に出ます。
さあ、出発!!!

今後、旅の期間の日記更新はブログの方で行い、こちらの日記はしばらくお休みします。
ブログは、このサイトのトップページから「日記」をクリックするか、
直接、http://kintaror.blog28.fc2.com/へ飛んで下さい。


3月30日 (日)  バタバタと

明日はいよいよ我が家を出発し、奥尻へと向かう事になる。

午前中は、公私共にお世話になった馬産農家であるKさん宅へ挨拶に伺った。
Kさんは、根室管内の馬産振興を考えてくれる数少ない理解者であり、
そして、根室の馬を語るにおいて外す事は決して出来ない人。
Kさんのように、自分をある程度犠牲にしてでも根室の馬産振興のために尽力してくれ、
行動を共にし、きちんと発言してくれる人はそうそういない。
馬産振興という仕事を担う上で、Kさんとはよく話し合ってやってきただけじゃなく、
仕事抜きで、個人的なお付き合いもさせてもらっている大事な人だ。
いつまでもお元気で、そしてまたお会い出来る日を楽しみにしています。

午後からは、愛車の水温計の指す温度が高いので、オイル交換をした後、整備工場へ。
すると、なんとまあラジエターに冷却水がほとんど無いではないか。
予備タンクには満タン入っているので油断していたけど、
そのタンクからラジエターに冷却水が送られていないという事が判明。
明日長距離移動する前に気がついてよかった。
とりあえずラジエターに3リットルの冷却水を補給し、
今後はタンクではなく、ラジエターの方をチェックする習慣をつけなくては。

そんなこんなで色んな用足しをしている内に一日が終わってしまった。
「花まる」で夕食を取り、「マルエー温泉」で疲れを取り、
最後の家の片付けと掃除を頑張らねば。


3月29日 (土)  大物家電等を厩舎へ移動

我が家にあり、奥尻へは送らなかった大物家電などを厩舎の休憩室に移した。
KO君に朝から手伝ってもらい、洗濯機、冷蔵庫、ベッドも無事に移す事が出来、
いよいよこの休憩室も住める空間になったなと思う。
4月から厩舎、牧場を使ってもらう事になったKO君が、快適に暮らせるようになったかな?

午後からは、我が家をお貸しするMさん夫婦の大物家電、家具、荷物等を、
入れ替わるように我が家に搬入するお手伝い。

今日をもってしばらくKO君とMさんとはお別れ。
最後にみんなで宴が出来れば良かったんだろうけど、それぞれが忙しく、実現しなかった。
今月31日からは我が家と牧場はKO君とMさんに引き継がれます。
お互いに協力して、仲良く、楽しい空間にしてもらえるといいなと思う。
再会出来るのはいつになるかな・・・。


3月28日 (金)  職場の送別会

夜、私の職場が送別会を催して下さった。
大きな大きな花束を頂き、最後には、会長の一言でみんなで「星影のワルツ」を合唱、
そして、みんなが2列に並んで手でトンネルの花道を作ってくれ、送り出してくれました。

「本当は残って欲しい。でも奥尻へ移住し、夢を追うのは素晴らしい事だし、楽しみだ。
君は優秀だからきっとやれる。今までありがとう。」

・・・送別会終了後、別れ際に会長から言われた一言。
私にはもったいないお言葉でした。
そんな風に会長から言葉をかけられるとは思ってもいなかったので、
奉職した9年間を思い出し、自分のやってきた事が報われるような思いでした。


3月27日 (木)  厩舎のアレンジ〜その3〜

探していた中古の流し台が見つかったので、厩舎の休憩室に設置。
排水ホースも延長ホースを買ってきて繋ぎ、土にホースを埋めて馬に踏まれないようにし、
ちゃんと水が流れる事も確認できた。

休憩室の窓からは愛馬達や川、サンちゃん池も見える。
そうそう、すでにふきのとうが頭を出していてびっくりした。

夜、KO君の家に泊まりに行き、宴を催した。
KO君が先日の旅で愛媛に行った際に買ってきた霧の森大福はやっぱり絶品。
愛媛県の四国中央市、新宮村は、知られざるお茶の産地で、
この抹茶を使った生地に、餡子と生クリームが入っている。
テレビなどでも紹介され、今や手に入れるのが困難な幻の一品なのだ。
ネット通販も年に数回実施しているものの、すぐに売り切れるため、
実質、愛媛に足を運ばないと手に入らないと言っても過言ではない。
桃鉄のさくまが、この霧の森大福を買うためだけに愛媛を訪れると言ったのも頷ける。

20080327-1.jpg 20080327-2.jpg 20080327-3.jpg



3月26日 (水)  引越し〜荷物の搬出〜

午前中、クロネコヤマトの単身引越しパックを3つ頼み、いざ荷物の搬出。
パックは1つにつき、1.1m×1.1m×1.7mのものだけど、意外と入る。
さすが専門にやっているだけあって、綺麗にぴっちりと荷物を詰めていってくれて、
予想より遥かに多くの荷物を運び出す事が出来た。
このクロネコヤマトの単身引越しパックだと、
奥尻島であっても北海道の他の地区と同一料金でやってくれるため、
パック1つにつき2万円少々で引越しが出来るのはとてもありがたい。
それは奥尻島にもクロネコヤマトの営業所があるおかげなのかもしれないな。
こうして30分少々で荷物の搬出は終了。
後は家の中の物を厩舎に移すか、または捨てるかだけだ。

日中は昨日に引き続き暖かかった。
ただ、ちょっと風が強かったかな。

夜、はまなす乗用馬生産組合で送別会をしてくださった。
設立当初からお手伝いさせて頂いた組織だけれど、実に今後が楽しみだ。
このはまなす乗用馬生産組合で生産された馬達が、
馬術界で活躍する事を期待しているし、それが楽しみでもある。
馬の人工授精所も出来る事だし、頑張って欲しい。

20080326-1.jpg 20080326-2.jpg 20080326-3.jpg



3月25日 (火)  犯人は馬?!

朝、いつもどおり厩舎に行くと、休憩室の窓ガラスが割られていた。
恐らく馬の仕業であろうが、窓はともかく馬達の事も考えると、
やはり厩舎周りにも牧柵を張り巡らせ、馬が厩舎に近づけないようにした方が良さそうだ。
しかし、厩舎の休憩室の改造に結構お金を投資している上に、
これでまたガラスの修理代がかかってしまうのは辛い・・・。

日中はまさに春麗かな一日で、最高気温も15℃位まで上がったようだ。
我が家の敷地にも福寿草が早くも咲くようになり、ご覧の通りほとんど雪も無い。
今年の春は1ヶ月先取りしている暖かさだなぁ・・・。

20080325-1.jpg 20080325-2.jpg 20080325-3.jpg



3月24日 (月)  テレビのない生活

引越しの片づけでテレビを観れなくしてしまい、ラジオしか音が無い生活に。
普段、何気なくテレビをつけ、テレビから得ている情報が多いのだと改めて気づく。
それが良いのか悪いのかは別として・・・。


3月23日 (日)  KO君の旅土産

KO君が1週間にわたる九州・四国(愛媛)旅から帰ってきて、お土産を沢山頂いた。
福岡、長崎(佐世保・ハウステンボス・長崎・雲仙)、熊本(天草・熊本・阿蘇・黒川)、
大分(別府)、そして船で愛媛(八幡浜・内子・松山道後・今治しまなみ)、最後は大阪。
とても楽しい旅だったようで、私が作成した旅行計画書を片手に周遊したみたい。
喜んでもらえて何よりだった。
お土産はカステラ・ちゃんぽん・皿うどん・いきなり団子・湯せんべいなど。
後日、メイン?でもある愛媛の「霧の森大福」も届くとのこと!
いやはやありがとうございます!

20080323-1.jpg



3月22日 (土)  中標津に歩く道をつくる会送別会

中標津に歩く道をつくる会の皆様が、わざわざ私共のために送別会をして下さった。
美味しい料理と美味しいお酒を頂き、面白い話を伺い、楽しい一時だった。
Sさんには牧舎に携わらせてもらったり、愛馬達の乾草を頂いたりと、
本当にお世話になりっぱなしだったなとつくづく思うし、
会のメンバーの方々はいずれもすごい人達で、
やがて中標津に歩く道が出来上がり、歩く文化をきっと根付かせる事と思う。
奥尻島にもそんな道が出来るといいなと思うけど、
そもそも普通の道が十分魅力的であるのも事実。
特に北西側の砂利道は、海沿いの森の中を歩けて気持ちが良い。
奥尻の事業計画の中にある歩く道をつくる事業はどんなものだろうか。
奥尻の自然をうまく生かした素朴な道であって欲しいなと思う。


| 1 | 2 | 3 | 4 |