Diary 2008. 7
メニューに戻る
7月31日 (木)  懐かしい

曇り後雨 最高気温24.0℃ 最低気温18.6℃
夕方、またもかなり強い雨が降った。
D-6(18年定植シャルドネ、15年定植ツバイゲルトレーベ)の誘引と摘芯。

夜、中標津にいた頃に仕事上はもちろん、
個人的にもお付き合いさせて頂いていた馬農家のKさんに電話した。
情報交換をし、根室の馬産事情などを伺い、まだ半年も経っていないのに妙に懐かしかった。
奥尻島までの我が家の馬の輸送も快く引き受けてくれ、
子馬の離乳と同時、10月頃に連れてくる目処もたった。
こうした人との縁って有り難いよなぁとしみじみ。
感謝感謝である。

20080731-1.jpg 20080731-2.jpg



7月30日 (水)  ウニ丼

晴れ 最高気温24.0℃ 最低気温19.1℃
ひたすらD-6(18年定植シャルドネ)の誘引と摘芯、そして手鎌で除草。
明日は雨の予報だが・・・。

夕方事務所に戻るとウニを頂いたので、夕食はウニ丼に。
なんて贅沢なんだろう。
甘くて美味しかった。

20080730-1.jpg 20080730-2.jpg 20080730-3.jpg



7月29日 (火)  撮影

晴れ 最高気温24.1℃ 最低気温19.2℃
曇りの予報を覆して晴れてくれた。
日中はD-6(18年定植シャルドネ)の誘引と摘芯、
午後の一時のみワイン工場で流す映像の撮影で神威脇の葡萄畑へ。

20080729-1.jpg 20080729-2.jpg 20080729-3.jpg



7月28日 (月)  また雨

雨 最高気温23.6℃ 最低気温19.2℃
D-5(18年定植シャルドネ)の誘引、摘芯、除草。
最上段の番線をとっくに越えてる結果枝が多く、
ほとんどを支柱から上10cmで切断(摘芯)しなければならない。
日中かなり強く雨が降り続き、合羽の中まで雨水が浸透、つなぎも下着もビチャビチャになった。
今日はすっかり体も冷えたなぁ。
もう雨は嫌だ。

20080728-1.jpg



7月27日 (日)  土地のバラ線チェック

朝4:30に起床。
やっぱりこの東風泊から見られる朝日は美しい。
やがて太陽が燦々と照りつけるようになると、海もキラキラ輝いて綺麗。
もちろん暑いので海の中へ。
相変わらずウニがウヨウヨいた。

お昼頃に撤収し、緑館で入浴後、また例の土地へ。
結局、以前紹介された土地は、
売れないけど貸してくださるとの事だったので、とりあえず使わせてもらう事に。
最終的に買い取る事が出来れば理想なんだけど、こればかりは地主さん次第。
何年かすれば譲ってもらえるかもしれないし、諦めずに買い取れるよう頑張ろうか。
やっぱり自分の土地になってこそ地に足がつく感じがするし、
投資していくのにためらいが無くなるものだから。
まあとりあえず借りて使うという事で、まずは放牧地のバラ線の確認のためまたまた訪れる。
急斜面のところ以外は大体張ってあるようだけど、もしかしたら抜け出すかもという箇所もあった。
ただ、全て確認出来たわけではないけど、そのままでも使えそうな感じではある。
若干の手直しをし、出入り口を塞げば大丈夫かな。
それにしても水場はあるし、山葡萄もたくさんなってるし、
景色も良いので素敵なところだと改めて思う。

20080727-1.jpg 20080727-2.jpg 20080727-3.jpg



7月26日 (土)  東風泊へキャンプに

晴れ 最高気温28.5℃ 最低気温18.5℃
D-5(18年定植シャルドネ)にて、根元周りを手鎌で除草しつつ誘引。
暑い一日で汗だくになって作業した。

なかなか天気の良い週末という事だったので、仕事後に東風泊へキャンプに行く事にした。
一旦部屋に戻り、筋子のおにぎりを握り、ソーセージを持って出発。
東風泊ではテント設営後、ジェットボイルでソーセージを茹で、おにぎりとともに夕食。
疲れているので食事後すぐに就寝。

20080726-1.jpg 20080726-2.jpg



7月25日 (金)  思わぬ再会

晴れ 最高気温27.2℃ 最低気温21.2℃
本当に久しぶりに、ようやくちゃんと晴れてくれた一日だった。
午前はD-2(13年定植シャルドネ)の誘引、
午後はD-5(18年定植シャルドネ)にて刈払機で草刈りと誘引。
雨や霧の毎日から比べれば天国だ。
夜は専務に誘われ、
前の職場時代に和牛登録でお世話になった、北海道酪農畜産協会のKさんとの飲み会に参加。
奥尻島でKさんに再会するなんて思ってもみなかった。
相変わらず元気そうで何より。
色々と有意義な一時だった。

20080725-1.jpg 20080725-2.jpg



7月24日 (木)  F-6誘引完了

曇り 最高気温25.0℃ 最低気温21.4℃
朝、神威脇(E)とCの葡萄畑の様子見。
大概の葡萄畑は灰カビ病にやられてしまっているものの、
神威脇の葡萄畑については被害は少ないようだ。
特にケルナーはほとんど灰カビ病になっておらず、ちょっと驚いた。
続いてCの葡萄畑は灰カビ病でほとんど花が落ち、
生食用のノースレッドにとどまらず他品種についても実はあんまりなかった。
やはり神威脇は霧が少なく、米岡や青苗よりも夏の気候条件が良いのだろう。
島の北西側だから冬は厳しそうだけど。
日中はF-6の誘引、そしてようやく完了。

20080724-1.jpg 20080724-2.jpg 20080724-3.jpg



7月23日 (水)  大麻駆除とズッキーニの開花

雨後晴れ 最高気温28.1℃ 最低気温21.9℃
大雨洪水警報が出る程の雨が朝までに降り、やがて晴れ間が射し込んで激しく蒸し暑かった。
F-6(2年目ピノノワール)の誘引と除草をしつつ、
途中、警察等の関係者と共に、葡萄畑の近くに繁茂していた大麻の駆除もしたのだった。

ベランダのズッキーニ「グレイジーニ」がすくすく育ち、ついに実を付け開花。
天気が良ければあと一日、悪くても数日以内に初収穫出来るだろう。
楽しみ楽しみ。

20080723-1.jpg 20080723-2.jpg



7月22日 (火)  

雨後曇り 最高気温22.6℃ 最低気温19.2℃
どうしてこうも雨ばっかり降るんだろうか。
全くもって夏らしくない。
午前中はF-7(2年目シャルドネ畑)の誘引、午後からは倉庫でターンバックル戻し。

20080722-1.jpg 20080722-2.jpg 20080722-3.jpg



| 1 | 2 | 3 | 4 |