Diary 2008. 8
メニューに戻る
8月31日 (日)  富里

朝から晴れ、部屋にいると暑くていられないため、東風泊へ泳ぎに行く事に。
日除けになるかなとテンチョを張り、泳いでは日向ぼっこを繰り替えす。
相変わらず綺麗な海、のんびりとお昼頃まで過ごした。
テンチョを撤収し、まさに帰ろうとした時に「御宿きくち」の女将さんに会った。
車を見つけてわざわざ探しに来てくれたそうだ。
懐かしく、そして嬉しかった。
奥尻島へ移住の最後の詰めの作業で訪れた今年の2月、お世話になったのだ。

奥尻島の富里という地区は稲作の盛んなところだ。
この富里にて牧場と住宅を借り、新生活をと考えている。
家の裏手には放牧地があり、馬小屋もあって馬と共に暮らせる環境。
借りる家は平屋で、台所・食堂の他、4つの居室を備え、想像していたよりもかなり広い。
今月中には引っ越せるかなぁ・・・。
家の鍵をもらったので、少しずつ荷物を運ぶ事になる。

20080831-1.jpg 20080831-2.jpg 20080831-3.jpg



8月30日 (土)  山葡萄のネット張り・なべつる祭り

曇り時々晴れ 最高気温26.4℃ 最低気温20.3℃
牛舎裏の山葡萄畑にて防鳥ネット張り。
幅の広いネットを使い、実の付いている木を囲い、ピンで留めていく。
山葡萄の木は雄と雌の木があり、実が付くのは雌のみ。
しかも全ての雌木に実が付いているわけではないため、一列にわたってネットを張るのは無駄なのだ。
山葡萄の実、すでに色付いて真っ黒になっているものもあった。

夜は奥尻島三大祭の最後を飾る「なべつる祭り」へ。
自衛隊の哨戒艇?にも体験乗船出来たらしいけど、日中のみなので出来ず。
何ン田研二さん、そして俺と同郷、愛媛出身の双子の歌手サスケ等のライブがあり、楽しかった。
また、奥尻町和牛振興会のテントにお邪魔し、
「おくしり和牛」の焼肉を始め、色々とご馳走になってしまった。
「うにぎり」「うに汁」「鯨汁」など、和牛以外にも美味しいものを頂き、お腹一杯。
ありがとうございました。

20080830-1.jpg 20080830-2.jpg 20080830-3.jpg



8月29日 (金)  神威脇のネット張り完了

曇り一時晴れ 最高気温26.5℃ 最低気温20.8℃
ようやく神威脇の葡萄畑の防鳥ネット張りが完了。
生食用葡萄はほとんど落ちてしまっているけど、少しは残って色付き始めている。
ワイン用葡萄と違ってやっぱり実が大きいなぁ。
その後は切れた番線の補修等。

20080829-1.jpg 20080829-2.jpg



8月28日 (木)  ネット張り

曇り後雨 最高気温23.6℃ 最低気温20.0℃
引き続き神威脇の葡萄畑にて防鳥ネット張り。
昨日よりも蒸し暑く、日中雨が降って一時的にカッパを着て作業したり、
午後は陽射しがあって暑いしで、結構キツい一日だった。

20080828-1.jpg 20080828-2.jpg



8月27日 (水)  ポーレの種畜検査

雨後曇り 最高気温23.5℃ 最低気温17.0℃
昨日に続いて神威脇の葡萄畑にて防鳥ネット張り。
風は収まったものの蒸し暑い一日だった。

中標津の牧場にて、ポーレが種畜検査を受けた。
これでポーレも種雄馬かぁ・・・。
測尺では体高が164cmもあったそうだが、アラブ血量75%にしては意外と大きくなったな。

20080827-1.jpg



8月26日 (火)  ネット張り

曇り一時晴れ 最高気温21.8℃ 最低気温16.9℃
まだ強風は続いていて、葡萄の実も点々と落ちてしまっている。
今日から神威脇の葡萄畑にて、キジやタヌキ対策のネット張り。
何もしないでいると、実が熟す頃に全部食べられてしまうそうだ。
まずはネットを支柱のフックに引っ掛け、湾曲する棒を実のなっている木に2本ずつ置いていく。
その棒をネットに差し込んでビニタイでとめ、うまく湾曲するように下でも結束線でとめる。
さらに1スパン1本の杭をネットを通して打ち込んでいけば完了。
かなり手間のかかる作業だ。

20080826-1.jpg 20080826-2.jpg 20080826-3.jpg



8月25日 (月)  誘引・摘芯

曇り一時晴れ 最高気温21.5℃ 最低気温17.5℃
相変わらず風が強い一日だった。
昨日見たとおり神威脇の葡萄が風で暴れしまっているため、再度の誘引となった。
ひどいものは枝が折れたり、葉が無くなり実も落ちてしまっている。
このまま風が強い日が続いたら、またテープが取れてしまうなぁ。
傾向として、ミュラーの実が多く落ち、セイベルはツルが絡まり枝が折れたりはしてなかった。

20080825-1.jpg 20080825-2.jpg



8月24日 (日)  

朝7時頃、自宅を出発して西海岸をドライブ。
北追岬に行ってみると、海にうっすらと虹がかかっていて美しかった。
天気は風が強くいまいちなものの、それはそれで美しい奥尻島。

昨日からかなり風が強く吹き続けているため、葡萄の様子も気になって、神威脇の葡萄畑へ。
やっぱりかなり誘引のテープが取れてしまい、暴れている。
また誘引しなおさないといけないな。
ついでに裏手に建設中のワイン工場もチラッと見てみる。
大分出来上がってきているし、その大きさにはただただ呆然。

久々にパンを焼きたくなり、波照間島の黒糖を使って黒糖パンを作ってみる。
もっと黒糖が多くてもいいかなとも思ったけど、しっとりしていてなかなか美味しかった。
さらにその勢いでトマトとバジルのパスタも。
お腹一杯。

20080824-1.jpg 20080824-2.jpg 20080824-3.jpg



8月23日 (土)  防除・摘芯・除草

曇り 最高気温18.8℃ 最低気温14.8℃
とても風が強く、8月とは思えないような寒い一日。
朝、昨日の続きで、D-6(18年定植ツバイゲルトレーベ)の防除。
とりあえず今回はこれで防除も終わりなので、スプレイヤーを洗って倉庫にしまう。
その後は山葡萄畑の摘芯と刈払機での除草。

20080823-1.jpg



8月22日 (金)  防除と撮影

晴れ時々曇り 最高気温23.4℃ 最低気温16.9℃
先日の試運転は別として、ついに防除のためスプレイヤーに乗ることに。
キャビンの無い方のスプレイヤーなので、
カッパを着て、ゴム手袋をつけ、専用のヘルメットを被って、不思議な格好になる。
途中、オイル漏れのトラブルか?という事で一時的に離れ、
ちょうどワイン工場で流す葉取りとリーフカッター作業の撮影が来てたため、そっちへ回ったけど、
どうやら何ともなかったらしく、再び防除。
灰カビ病対策のパスワード(1000倍希釈)とべと病対策のホライズン(2500倍希釈)を、
D-5(18年定植シャルドネ)D-6(18年定植シャルドネ・ツバイゲルトレーベ)
D-7(15年定植ケルナー・ミュラートゥルガウ)に散布。
中3速の2400回転で走りながら、葡萄の木のあるところのみ、
左と右のコックを開いたり閉じたりしながら散布する。
カッパを着てるため日中はとても暑く汗だくになったけど、無事に今日の作業が終わって良かった。
D-6があと少し残っているため、続きは明日。

ところで愛車パジェロの運転席側のドアの鍵がかかったままになってしまい、
開けられなくなってしまった。
中からも開けられないしどうしようもない。
古い車だし集中ロックではないから、助手席から出入りは出来るけど、ん〜・・・。

20080822-1.jpg 20080822-2.jpg 20080822-3.jpg



| 1 | 2 | 3 | 4 |