Diary 2008. 9
メニューに戻る
9月30日 (火)  除梗・破砕

晴れ後曇り 最高気温19.1℃ 最低気温13.3℃
今日は記念すべきワイン仕込み初日。
午前中は使用するタンクにポンプをつなぎ、
蓋にシャワーボールをつけて、タンク内に薬液を入れて循環消毒。
アルカリ洗浄、水洗浄、酸洗浄、水洗浄と、20分ずつ行って洗浄する。
機械の方は、仕上げのためにオゾン殺菌を行い、葡萄の受け入れ準備が整った。
午後から、昨日収穫された葡萄がワイン工場に搬入され、いよいよ仕込みが始動。
葡萄を計量して記録した後、機械へ流していく。
コンベアと除梗破砕機のビーターやローラーのスピード、そしてゲージの正転と逆転の切り替え、
スピードなどを調整して、うまく除梗破砕されるようにしなければならない。
除梗破砕機から出てきたモロミをタンクに移し、
酸化防止のためのメタカリを入れ、保存のため冷却。
酵母を入れて発酵させるのはまた後日だそう。

20080930-1.jpg 20080930-2.jpg 20080930-3.jpg



9月29日 (月)  機械試運転

晴れ 最高気温18.1℃ 最低気温11.3℃
葡萄畑の方では今日が収穫初日だそうで、ツバイゲルトレーベとセイベルを収穫したそうだ。
というわけで明日からワインの仕込みに入るため、
ワイン工場にて機械の試運転や洗浄、資材搬入を行った。

20080929-1.jpg 20080929-2.jpg 20080929-3.jpg



9月28日 (日)  牧場入口作り

朝、ツルヤで資材を買って帰宅し、牧場の入り口の柵を作った。
他にも手直ししなきゃならないところがたくさんあるけど、まずは第一歩。

午後からは奥尻島一周ドライブ。
奥尻島は海も山も川も美しい。
フットパスも奥尻島を一周できるような規模で、
この魅力溢れる自然を楽しめるようにすればいいのにな。

20080928-1.jpg 20080928-2.jpg 20080928-3.jpg



9月27日 (土)  事務所作り

曇り時々雨 最高気温14.2℃ 最低気温10.2℃
ワイン工場にて事務所を作るため、机や椅子を運び込み、さらに備品を買いにツルヤへ。
まだパソコンやコピー機など、大きな物は全くなく、仕事が出来る状態ではないものの、
床を掃除してワックスをかけた。
夜はパソコンでタンク流量検定の結果を整理。
とりあえず今年使う予定の1キロリットルタンク3本(1001〜1003)のデータを作った。

20080927-1.jpg 20080927-2.jpg



9月26日 (金)  奥尻の水

曇り時々晴れ 最高気温17.6℃ 最低気温12.0℃
神威脇の湧き水である「奥尻の水」作り。
350ml、500ml、2lのボトルを合計約1万本作った。
自分の持ち場は、空ボトルの搬入、洗浄機へのボトル入れ、
洗浄済みのボトルをコンベアに流すというもの。
最後はポンプの不調か、水不足による渇水エラーとの戦いで、
朝7時から夜19時までほとんど休みなくびっちり働いて、かなり疲れてしまった・・・。

20080926-1.jpg 20080926-2.jpg 20080926-3.jpg



9月25日 (木)  タンク流量検定終了

曇り後雨 最高気温19.0℃ 最低気温14.9℃
午前中で長かったタンクの流量検定がほぼ終了。
午後からはタンク内や床を中性洗剤で洗い、そしてオゾン殺菌。

20080925-1.jpg 20080925-2.jpg 20080925-3.jpg



9月24日 (水)  タンク流量検定

曇り時々晴れ 最高気温18.3℃ 最低気温13.8℃
小さいタンク用の検尺が届き、ようやく1〜2キロリットルタンクの検定開始。
この検尺、とても使いづらい。

20080924-1.jpg 20080924-2.jpg



9月23日 (火)  まだ届かず・・・

雨後晴れ 最高気温21.3℃ 最低気温16.9℃
まだ小さいタンク用の検尺が届かず、今日は水工場にてダンボール作りと製品積み込み作業。
ワイン工場は足場が取れ、完成が近づいているようだ。

20080923-1.jpg 20080923-2.jpg 20080923-3.jpg



9月22日 (月)  タンク流量検定

晴れ時々曇り 最高気温24.1℃ 最低気温18.0℃
ワイン工場にて引き続きタンクの流量検定。
シングルジャケットのタンクは終わり、ダブルジャケットのタンクと樽の検定。
届く予定だった小さいタンク用の検尺が届かないため、1〜2キロリットルタンクの検定が出来ない。

20080922-1.jpg 20080922-2.jpg



9月21日 (日)  日本の秋

午前中はインターネットの接続に四苦八苦。
結局ちゃんと使えるようになるのにお昼までかかってしまった。
午後はご近所への引越しの挨拶回りをようやく済ませ、
自転車で買い物がてら青苗岬までサイクリング。
富里集落では稲の刈り取り真っ最中で、日本の秋を感じた。
中標津や帯広など、道東にいたころには見られなかった懐かしい風景だ。
夕方、突然の来客もあって山葡萄を採りに裏山に入る。
そこそこの収穫があったな。
今年はホワイトリカーに浸けようか。

20080921-1.jpg 20080921-2.jpg 20080921-3.jpg



| 1 | 2 | 3 |