Diary 2009. 10
メニューに戻る
10月31日 (土)  中標津ゴーダチーズ

曇り 最高気温11.3℃ 最低気温2.6℃

千島歯舞居住者連盟中標津支部青年部の企画する「北方領土検定・初級」。
ネットで試験を受けて100点満点で合格したところ、景品が送られてきた。
その景品とは「中標津ゴーダチーズ」。
中標津にいた頃はよく目にしたチーズで、懐かしい。
赤ワインと共に楽しむ事にしよう。

20091031-1.jpg



10月30日 (金)  西条高校の秋山投手は・・・

曇り 最高気温16.2℃ 最低気温5.0℃

プロ野球のドラフト会議、今年の日ハムは何だか地味に感じたかも。
1位指名をした、花巻東高の菊池雄星投手を獲得出来なかったし。
一方、愛すべき市民球団、広島カープはというと、
1位指名で交渉権を獲得したのが、選抜優勝校である長崎・清峰高の今村猛投手。
他球団が菊池投手に集中した分、漁夫の利を得た感があり、
うまく今村投手を一本釣りした模様。
愛媛・西条高校の秋山拓巳投手は阪神の4位指名、
愛媛・帝京第五高校の平井諒投手はヤクルトの4位指名だったようです。
秋山投手は球速150km/hを誇り、スカウトの評価も高かっただけに、
広島か日ハムに入って欲しかったけど、こればかりは仕方ないよな・・・。
阪神での活躍を願っております。


10月29日 (木)  そうだ、猫を飼おう!

曇り 最高気温17.6℃ 最低気温14.0℃

先日、家の壁の中や屋根裏、台所周辺にネズミがいると書いた。
その後、猫を飼えば?というコメントを頂いたりしたのもあって、
突発的に猫を飼う事にした。
中標津時代は、馬や鶏と共に、猫は大切なパートナーだったわけで、
いまさら改めて猫を飼う事に何の躊躇もなく。
今までは捨てられていた猫や野良猫を引き取る形で飼っていたけど、
今回はせっかくなので、
ラグドール、バーマン、ロシアンブルー、シャルトリュー、コラットなど、
自分の気になっていた品種をと思い、
最終的にはmikuさんの意見を尊重し(笑)、ラグドールを飼おうと決意した。
猫を飼う目的は単なるネズミ対策というよりは、やっぱり「癒し」なわけで、
屋外では馬に、屋内では猫に癒される生活になるのだ。

ラグドールは「ぬいぐるみ」という意味をもつように、
10kg前後にまでなる大型で、フワフワした長毛を纏い、目が青い猫だ。
ラグドールのブリーダーさんとやりとりをし、
来月には我が家に迎え入れる予定となった。
さてさて、猫を受け入れるために色々準備をしなくては〜。


10月28日 (水)  クラースヌイポーレの成長記録

晴れ 最高気温14.0℃ 最低気温5.7℃

ふと、我が家の愛馬、クラースヌイポーレの成長記録というか、
写真をまとめてみようと思い立ち、過去の写真を掲載。
2005年5月25日に生まれ、現在満4歳で種雄馬としても登録してあるけど、
生まれた頃からやんちゃで品のある馬だったよなと。
我が家の生産馬第1号というのもあり、一番思い入れの強い馬だ。

2005年5月25日。
生まれたばかりのポーレ。
無事に立ち上がり、母馬であるルーシーの乳を元気に吸う。
まだ非力で、人の力で簡単に動かせるくらいの大きさで、
抱き締めてやっても華奢で壊れそうな感じだった。

2005年11月10日。
放牧地で気持ち良さそうに眠るポーレ。
元気に走り回っては乳を飲み、時に遊び程度に草を食んでは、すぐに寝る。
それでも少しずつ自立の芽が出始めていて、
徐々に母馬から離れている時間が長くなっていく。
この日から数日後に母馬から離乳。

2006年1月3日。
遊び相手の佐目毛の道産子、「悠博」。
まだ大きさ的には道産子を一回り大きくした程度のものだった。
悠博とは雄同士、いつも激しく遊びまくる仲。

2006年3月21日。
相棒の悠博とはよく寄り添って眠る。
何だかんだと仲の良い2頭だった。

2007年8月26日。
初めての鞍付け、ハミ付けを難なく受け入れ、騎乗。
ただ、私以外の人が乗ると、かなりうるさい。
それでもこんなにスムーズに馴致〜騎乗へと移行出来たのも、
いかに普段の信頼関係が大事かという事を痛感。
初めてポーレに騎乗した時は感無量だった。

この頃、一緒に放牧していた雌のサラブレット、ナータに種付けしたらしく、
翌年、レザンが生まれ、父親(種雄馬)となる。

2008年に私が奥尻島へ移住し、
そして同年の秋に牧場の目処がついて、ポーレとレザンを連れてくる。
奥尻島に来て約1年、ストレスの無い広い放牧地でのびのびと過ごし、
馬格も充実、立派な馬に成長してくれた。

愛称「ポーレ」
繁殖登録馬名:クラースヌイポーレ(ロシア語で「美しい草原」)
繁殖登録年月日:平成20年10月30日 日軽繁♂ 第00768号
生年月日:平成17年5月25日
品種:アングロアラブ(アラブ血量75%)
性別:雄 毛色:鹿毛
特徴:流星鼻梁白鼻大白斷上唇小白・珠目正・髪中・後二白
父:デザートショット(アラブ)
母:タイリヨウラーク(アングロアラブ)

20091028-1.jpg 20091028-2.jpg 20091028-3.jpg



10月27日 (火)  仕事復帰

曇り 最高気温15.2℃ 最低気温10.6℃

新型インフルエンザからようやく立ち直り、仕事復帰。
ただ、まだ微熱と頭痛は続いている。
まるで頭に靄がかかってるようだ・・・。


10月26日 (月)  香川県直島の取り組み

曇り 最高気温15.3℃ 最低気温11.4℃

特に書く事がないので、
今日は香川県の直島の取り組みでも書こうかなと思い立つ。
直島は瀬戸内海に浮かぶ周囲16km、人口約3,500人の島で、
周囲の小さな島々とあわせ、直島町という行政区画の中心島。
人口規模から言うと奥尻島と大差ないけれど、
島の活性化という取り組みがとても個性的で成功している島だ。

ベネッセコーポレーションが直島町長と意気投合し、
1980年代後半より美術館・ホテル・キャンプ場の複合体、
「直島文化村」で積極的にアート活動を展開してきた。
それが美術館内部に納まりきらなくなり、
直島島内の海岸や古民家や路地なども舞台となるようになり、
今や島全体がアートで埋め尽くされ、別名アートの島と呼ばれている。
島内の集落・本村(ほんむら)の、
今は使われていない古民家の修復・町並み保存と同時に、
現代美術のインスタレーションを組み合わせて恒久展示場となっているわけだ。

宮島達男 《時の海'98》
宮島達男 《ナオシマ・カウンター・ウインドウ》
宮島達男 《チェンジング・ランドスケープ》
ジェームズ・タレル 《バックサイド・オブ・ザ・ムーン》
内藤礼 《このことを》
杉本博司 《アプロプリエイト・プロポーション》
千住博 《ザ・フォールズ》 など19点
大竹伸朗 《舌上夢/ボッコン覗》
須田悦弘 《椿》

この美術に特化した島の活性化は功を奏し、
10年間で観光客は10倍に増え、
今や国内だけじゃなく、海外からも観光客が絶えず、年間35万人が訪れる。
ではどうして成功したのか。
それは離島の特性を生かしたことと、
他がやっていない事に力を注ぎ、それに特化した事にあるように思う。

離島に暮らす人々にとって、交通の不便さが悩みの種なのは変わらない。
でもそれを逆手に捉えると、隔絶され、個性を発揮できる場所になる。
ベネッセは、直島に橋が架かっていないからこそ注目したと言う。
つまり、あえて行こうと思わないと行けないからこそ、
ツアー客ではなく、目的意識を持った人を呼び寄せられるわけで、
船でしかいけない不便さが、他とは違うブランド化に成功したわけだ。
ツアー客は一時的にお金は落とすけれど、次に繋げる事が出来ない。
目的意識を持った個人客がたくさん訪れる事により、
もちろんリピーターも増えるだろうし、島に定住する人も増えてくる。

私が移住してきた奥尻島は、直島に比べれば潜在能力は遥に高いと思っている。
面積も大きく、水に不自由もしないし、お米も作れる。
沖縄並みの透明度を誇る素晴らしい海があり、
農業も漁業も、そして観光にも大きな潜在能力は持っているはずだろう。
本土では難しいブランド化も、離島という地理的特性からとてもやりやすいはずで、
直島の真似をすれば良いというものでもないけれど、
何かこれはというものに力をいれて、独自路線を突っ走るのも良いのではないかと。
それがすぐには評価されないかもしれないけれど、
長い目で見れば島は活性化する可能性を秘めている。
それは決して立派な観光施設だとか、飲食店とかではなく、
素朴で、本来の景観や歴史、自然環境を重視したものであるはずだろう。

まあ私個人的な希望を言えば、
もちろん馬に特化した島になってしまうけれど(笑)。
島内全域に馬がいて、どこへ行くにも馬が使える島。
フットパスを島内全域に広げ、馬の道を兼ねるとか、
あらゆる施設、宿や店の駐車場に馬繋場があったりすれば面白いではないか。
そもそも町営牧場をはじめ、奥尻島に放牧されている馬の風景は秀逸なのだから。


10月25日 (日)  日ハム日本シリーズ進出

晴れ 最高気温16.0℃ 最低気温10.3℃

プロ野球、日ハムがCSで楽天を4勝1敗で下し、
2年ぶりに日本シリーズへと駒を進めたそうだ。
北国対決となったCSは、
第1戦のスレッジの放ったサヨナラ満塁本塁打が印象的だった。
あれで流れを引き寄せたように思う。
それにしても楽天は力を付けたなと思うし、
こうしてCSで北国対決が実現したのは実に面白かった。
日ハムには是非巨人を下して日本一になって欲しいと思う。


10月24日 (土)  ネズミにカメムシ

晴れ 最高気温14.7℃ 最低気温5.6℃

毎年の事だけど、秋〜冬は我が家は賑やかになる。
それは良い意味ではなく、
屋根裏や壁の中、そして台所ではネズミ走り回り、
窓やどこかの隙間からカメムシが入ってきて飛び回る。
インフルエンザで寝込んでいるのに、あ〜もう鬱陶しい!
ネズミとカメムシ対策、何かあったら教えてくださいませ。


10月23日 (金)  少し回復?

曇り一時雨 最高気温14.0℃ 最低気温7.9℃

吐き気がおさまり、やや熱も下がったかな。
もう少し回復すれば料理も出来そうだけど、
まだまだ気力も元気もなく、ダラダラと寝て過ごす・・・。
今はただ冷凍食品が頼みの綱(笑)。


10月22日 (木)  ただ寝てるだけ・・・

晴れ時々曇り 最高気温11.9℃ 最低気温9.2℃

頭痛、吐き気、そして関節痛。
ただベッドで寝てるだけの一日。


| 1 | 2 | 3 | 4 |