Diary 2009. 3
メニューに戻る
3月31日 (火)  御影石海岸

曇り 最高気温3.8℃ 最低気温0.2℃

一昨日の日曜日、ドライブがてら奥尻島を北上すると晴れていた。
御影石海岸でのんびりしてると気持ち良かった。
まだまだ海の透明度が本来ではないけれど、
この白い御影石は海の美しさを際立たせてくれる。
近くには小さな滝があって、水が海へと注ぎ込んでいた。

20090331-1.jpg 20090331-2.jpg 20090331-3.jpg



3月30日 (月)  ばんえい記念

曇り後雪 最高気温6.4℃ 最低気温-1.2℃

昨日はばんえい競馬の1年の締めくくりともいえる「ばんえい記念」があり、
1着はトモエパワー、史上2頭目の3連覇を果たした。
ばんえい記念は1トンの重りを曳く見応えのあるレースだけど、
ばんえい競馬自体、世界で唯一、この北海道にしかないものだし、
このレースくらいテレビで中継しても良さそうなのになぁといつも思う。
ネット中継を観ながら久しぶりに馬券を買ったけど、残念ながら外れ。
生で観ると迫力が違うんだけど、帯広は遠すぎる・・・。

ところで、ばんえい競馬は今年の秋から5重勝単勝式馬券を発売するそうだ。
これは5つのレースの1着を全て予想するもので、
100円馬券で最高2億円の高配当も期待できるとか。
この馬券の発売はJRAも含めて全国初。
少しでもばんえい競馬の活性化に貢献してくれる事を願う。


3月29日 (日)  ポーレのアクビ

雨のち曇り 最高気温5.8℃ 最低気温-2.0℃

ここ富里地区のある奥尻島南部は時折雨の降るパッとしない天気。
北部は気持ち良く晴れてたのになぁ・・・。
それでも午後からは雨足も弱まり、リンゴとプラムの苗木を植えた後、裏山へ。
呼ぶと近寄ってくるポーレ、今回は撫でてやってる内にアクビを連発。
平和だし、のんびりしてるんだろうな。良い事だ。
海の方を見ると、青苗市街越しの水平線上、渡島大島もうっすら見えた。

20090329-1.jpg 20090329-2.jpg 20090329-3.jpg



3月28日 (土)  カープソース

晴れ時々曇り 最高気温3.0℃ 最低気温-2.6℃

今日も朝早くから普通通り仕事。で、結構お疲れ。

先日、カープソースを頂きました。
北海道ではまず手に入らない代物、ありがとうございました。

このカープソース、広島県三次市の毛利醸造が製造していて、
「お好みソース」と「焼きそばソース」があり、お好み焼き等には欠かせない一品。
カープとはプロ野球の球団「広島東洋カープ」と同じカープ、つまり鯉の意味。
鯉は広島の特産であり、滝を登る出世魚、
そして原爆の投下から広島の復興を願った名付けなんだそうだ。
広島東洋カープは他の球団と違って親会社を持たない市民球団という特殊性があり、
地理的にも故郷愛媛の向かいの県という事で陰ながら応援している。
話が逸れた。
このカープソース、ライバルは同じ広島県のオタフクソースである事は言うまでも無く、
オタフクよりも若干辛口な味で頑張っている。
愛媛にいた頃はオタフクソースと共に身近なソースだった。
懐かしさを感じつつ、頂こうと思う。

20090328-1.jpg



3月27日 (金)  ホットケーキ

曇り 最高気温2.2℃ 最低気温-2.5℃

子供の頃、絵本「ちびくろさんぼ」のホットケーキが大好きでした。
新しい洋服を着たちびくろさんぼは、いじわるなトラに身包みをはがされ、
結局はトラ同士がその洋服を争って喧嘩をし、
木の周りをぐるぐる回った結果、バターになってしまいます。
そのバターを使うため、お母さんはホットケーキを焼くわけですが、
絵本の最後のページ、169枚のホットケーキを積み上げている挿絵を、
子供の頃、よく眺めていたのを覚えています。
そんな絵本の影響からか、今でもホットケーキは好きで、
綺麗なホットケーキを焼いて積み上げるのは、最高の瞬間の一つなわけで(笑)。
焼き目を綺麗に、そしてふっくら仕上げるのは難しいのですが、
うまくいくと嬉しいものです。
目指すはホットケーキ職人?!

20090327-1.jpg



3月26日 (木)  ヤマガラ

曇り 最高気温4.8℃ 最低気温-0.7℃

昨晩から雪が少し降ったようで、今朝外を見ると薄っすらと雪化粧してました。
こういう時って、出てきた山菜達はどういう心境なんでしょうね。
「暖かいから出てきたのに、なんじゃこりゃー!」と騒いでそうです。
ところで、写真はヤマガラ。綺麗な色をしてます。

20090326-1.jpg



3月25日 (水)  笹竹?

曇り一時晴れ 最高気温4.6℃ 最低気温-4.1℃

先日の日曜日は山へ竹を採りにも行った。
竹といっても本州にあるような太い本当の竹ではなくて、
なんて言うんだろ、笹竹とでも言えばいいんだろうか。
採ってきた竹は農竹として、果樹や野菜など、植物の支柱として使うつもり。
中標津では笹はあれど竹は全く無かったので、これは嬉しい。

20090325-1.jpg 20090325-2.jpg



3月24日 (火)  西条高校・今治西高校

曇り時々晴れ 最高気温1.4℃ 最低気温-3.0℃

ふと気がついたら春の選抜高校野球、始まっていたんですね。
ニュースとかでも日本の優勝したWBCばかりでちょっと影に隠れていた感が。
ところで今年の春の甲子園は、私の故郷愛媛から、2校も出場しています。
西条高校と今治西高校。
四国の2つの枠に対し、愛媛勢が独占するとは素晴らしい。
昔から四国は高校野球の強い地域で、
愛媛ではこの2校以外も、松山商業、宇和島東、済美、新田、川之江、南宇和など、
強豪校が名を連ねています。
実は私の母校、松山東高校も、
1950年の夏の甲子園に初出場、初優勝を果たしていたりするわけで。
愛媛勢が2校出場する事は稀だし、願わくば、甲子園の決勝で、
愛媛勢対決なんてのも見てみたいなーなんて思ったものの、
今日、西条高校はPL学園に負けてしまったようだ。
西条高校には友人のS先生がいらっしゃって、
なんとか勝ってもらえればと強く思っていただけに残念無念・・・。
でも1-0の好勝負だったようです。
ちなみに北海道の代表は鵡川高校だそうだけど、
どうしても奥尻や中標津と離れすぎていてピンと来ない。
駒大苫小牧にしても、駒澤大学自体が関東の大学なので、北海道らしくない。
そもそも札幌を始めとする道央圏は好きじゃないのだ。
奥尻高校が甲子園にでも出場すれば応援するのになぁ・・・。


3月23日 (月)  キトピロ発見

曇り 最高気温4.0℃ 最低気温-2.4℃

昨日、雨の降る中、山の中を散策しているとキトピロを発見した。
一握りくらいの群生しかなかったのであまり採れなかったけど、
それでもとりあえず生えてる場所を発見できて嬉しい。
奥尻島ではまだキトピロを始め、山菜の出る場所を把握できていない。
少しずつ開拓していかねばと思う。
基本的にキトピロは一回採ったら2、3年は間をおくべきで、
採るのも生えている量の半分以下に抑えるべきだと思っている。
そうしないと太くなっていかないし、数も増えない。
キトピロは、花をつけて種を飛ばすようになるにはかなり太くならないとダメで、
そういう株がいくつかあると、結構爆発的に増えてくれる。
細いのは採らないし、太いのも全部採ってしまってはダメなのだ。
こういった事はキトピロ以外の山菜にも同じように言えること。
だからこそ、根こそぎ採るのは山菜採りのマナー違反。
山菜も大事にしてあげましょう。

20090323-1.jpg



3月22日 (日)  わさび定植

曇り後雨 最高気温8.2℃ 最低気温4.0℃

昼前から雨が降る天気予報だったので、
雨の降る前に色々とやっておこうと朝4時から活動開始。
馬の世話をしたら先日届いたわさびの苗を植えに行く。
とりあえず近くの小川や池の淵に植えておいた。
ちゃんと生長してくれたら、まずは葉を使おうかな。

20090322-1.jpg 20090322-2.jpg



| 1 | 2 | 3 | 4 |