Diary 2009. 8
メニューに戻る
8月31日 (月)  自民党大敗・民主党大勝

曇り 最高気温21.1℃ 最低気温14.6℃

昨晩は珍しくちょっと夜更かしをして、テレビの選挙速報を観ていた。
結果は、民主党が単独過半数(241議席)を大幅に上回る308議席を獲得、
ついに政権交代が起こり、北海道初の首相「鳩山政権」誕生が確実に。
自民党は公示前勢力の3分の1にまで議席を減らす歴史的大敗。
1955年の結党以来初めて第1党の座を失う事となり、
15年ぶりに野党に転落となる。

二大政党制とはいえ、自民党と民主党では対して政策に違いが無く、
今回は自民党への不満の受け皿として民主党が政権を取っただけで、
そういう点で、政権交代はすれど変化は乏しいかな。
自民党の相手が、共産党とか昔の社会党ならもっと対比が出るんだろうけど、
かつての野党第1党だった社会党は、
連立政権を組むために自ら主張を捻じ曲げて社民党になって没落したし、
流れを大きく変えるような強い野党が存在しないのがダメなんだろうなぁ・・・。
自民党は小泉改革によって地方を切り捨て、格差社会にしてしまい、
こうして不満が噴出する一因になったと思うけど、
国民を含め、周りがそれを止める事も出来ず、
単なる一個人の人気だけに頼ってしまったツケも大きそうだ。
ただ、いずれにしても民主党は政権を取った以上、
公約を果たし、きちんと政権運営をして欲しいなと思う。
個人的には農林漁業に対する施策が一番気になるけど、
その点では、民主党のFTA推進という公約は勘弁して欲しいかも・・・。


8月30日 (日)  貴重な一票

曇り 最高気温20.2℃ 最低気温15.3℃

今までに無いくらい注目されている衆議院総選挙。
政権選択が大きな目玉として掲げられ、行方がとても気になる。
私も日本国民としてもちろん投票に行きました。
投票したい人がいない、投票したい政党がないから、
選挙に行かないというのは、国民として恥ずかしいと思う。
もしそうであるなら、白票を投じれば良いだけの事。
まずは選挙へと足を運ぶ事を放棄してはいけない。


8月29日 (土)  なべつる祭り

晴れ時々曇り 最高気温20.8℃ 最低気温16.3℃

朝目が覚めたら頭が痛いし、吐き気もする。
ああ、お酒を飲むとどうして二日酔いになるんだろう・・・。
酒の残り方が段々ひどくなってきてるような気がするのは、
きっと年をとってきて酒に弱くなってきた証拠だろう。
それでもTさんの実家で出してくれる朝食は美味しく頂き、
函館駅前まで車で送ってもらう。
何から何までTさんとTさんのご両親にはお世話になり、感謝感謝である。
本当にありがとうございました。

函館から江差へバスで2時間、江差からフェリーで2時間半、
ようやく奥尻島へと戻ってくる。
天気が良く、秋のような爽やかな青空のもと、とても気持ちが良い。
こういう天気のとき、デッキに出ていると最高の船旅を満喫できる。
奥尻港へとフェリーが入っていくと、なべつる祭りを洋上から見られた。
海上自衛隊の掃海艇の傍では出店が並び、
イベントが楽しそうに繰り広げられる。
去年はおくしり和牛を楽しませてもらったこの祭りも、
今年はやはり腰が痛いので参加は見合わせる。
今年は奥尻島のいずれの祭りにも参加出来なかったなぁ・・・。

20090829-1.jpg 20090829-2.jpg 20090829-3.jpg



8月28日 (金)  腰の診察&居酒屋「はとば」

雨 最高気温22.2℃ 最低気温19.7℃

函館中央病院へ診察を受けに行く。
レントゲンを撮り、何て言われるかドキドキしていると、
主治医の先生曰わく「入院する?」と。・・・えっ?
咄嗟に入院はしませんと答えて、回避を試みる。
結果的にとりあえず骨には異常は無いから入院は免れたけれど、
壊れた椎間板が元に戻ることはないし、大したこと無い作業であっても、
健常者とは違うという事を常に頭に置いておきなさいと言われる。
特に筋肉を切断して骨を削ってるから、
筋肉の回復だけでも1年くらいはかかるし、
普通に生活していてもギックリ腰になって痛みが出やすいらしい。
筋肉が回復しても、手術してない人よりリスクは高いわけで、
常に爆弾抱え、痛みやすい事には違いないから、
一生、腰に負担をかけないように気をつけるべきだと忠告された。
これからは痛みやダルさが出たら2、3日は休んで安静にする事、
あまり回復しないようならすぐに病院に来なさいと。
何もなくても2、3ヵ月に1回くらいは通院して、
定期的に検査を受けるようにした方がいいらしい。
一生こんな腰痛と付き合っていくのかと思うとうんざりだ・・・。

夜、Tさんに弁天町にある居酒屋「はとば」というところへ連れて行ってもらう。
繁華街とは遠く離れた函館どっくの近くにあるこの居酒屋、
とてもとても小さな居酒屋で、情緒満点なお店。
店内には10人くらいしか入れず、みんなで同じテーブルを囲む。
狭いお店で同じテーブルを囲んでいると、
必然的に見ず知らずだったお客さん同士が仲良くなっていくメリットも。
焼肉を頼むと、七輪と共に美味しそうな肉がずらり。
Tさんや店主さん、そして知らないお客さん達と色んな話をし、
とても楽しかったんだけど、多分、0時頃には沈してしまった私。
普段あまりお酒を飲まなくなり、
夜も21時には寝て朝5時前に起きる日常生活が染み付いていて、
深酒とか夜更かしとかは不可能な体になってしまったらしい。
座ったまま眠っていたんだけど、
やがて腰の痛みで目が覚め、今度は横になってまた眠る。
こういう状態になる前にお店を出て帰るべきだったかな。
何かTさんにも店主さんにも迷惑をかけてしまったような・・・。
でも楽しかったし、美味しかったです!
Tさん、ありがとうございました。

20090828-1.jpg 20090828-2.jpg 20090828-3.jpg



8月27日 (木)  

雨 最高気温21.8℃ 最低気温17.7℃

腰の具合がどうも芳しくないというか、
どう考えても回復傾向じゃないので、
検査も兼ねて病院に行くために函館へ。
なんと今回は取材の縁で知り合ったTさんの実家にお世話になる事に。
なんでここにいるんだろうかと自分でも不思議なんだけど、
寝床だけじゃなく食事とかも用意してくださり、恐縮至極。
寝袋持参でも良かったのに、ただただ感謝であります・・・。


8月26日 (水)  地デジに向けて

晴れ後曇り 最高気温23.2℃ 最低気温13.7℃

18:30から町内会の集まりがあり、参加した。
NHKの人が来て、地デジへの移行についての説明。
奥尻島は各地域ごとにテレビの共聴アンテナが立っていて、
その地域ごとに共同受信施設を改修しなければ地デジは観れない。
地デジ対応のための改修には60〜80万円かかるらしいけど、
今回、この富里地区でもその改修の目処がついたようで、
大体3ヶ月後、12月頭頃には地デジが観られるようになるそうだ。
喜ばしいと言えば喜ばしいけど、
そもそもテレビを観る時間があまり無いんだよなぁ・・・(苦笑)。

20090826-1.jpg



8月25日 (火)  新しいデジカメ

晴れ時々曇り 最高気温22.6℃ 最低気温13.8℃

デジカメが壊れた事によってネットオークションで落札した中古のデジカメ、
オリンパスの「μTOUGH-6000」が手元に届いた。
今まで使ってたのは光学10倍ズームの大き目のデジカメだったので、
このコンパクトな感じがちょっと嬉しい。
ただ、この機種は新製品でもなく、古い上、
今まで持っていたデジカメよりも劣る光学3.6倍ズーム。
それでもこれを選んだ一番の決め手は、防水・防塵であるという事。
もちろん新製品の新品を買うだけの資金がなかったというのもあるけど、
これで防水携帯に頼らなくてもデジカメで海中写真が撮れる。
デジカメは、好きでオリンパスを意図的に選ぶようにしているけれど、
今まで持っていたオリンパスのデジカメは、
xDピクチャーカードしか対応していなかったのが難点だった。
この機種はxDカードだけじゃなく、microSDにも対応してくれたのが嬉しい。
去年4月に日本の離島を巡る徒歩野営旅をした時、
xDカードがなかなか手に入らなくてとても苦労した思い出があるのだ(爆)。

20090825-1.jpg



8月24日 (月)  職場復帰

曇り時々晴れ 最高気温22.1℃ 最低気温15.1℃

あまり長期間に渡って仕事を休むのは気がひけて、
まだまだ腰は痛いものの職場復帰する事にした。
でもやっぱり座ってるだけでも長時間に渡ると腰は痛く、
時々横になって休みながら何とか1日を乗り切った。
しかしまあ、使いものにならないと叱責されるし、
こんな状態であるにも関わらず葡萄畑にも出る事になりそうだし、
何かテンション上がらないというか、腑に落ちない1日だった。
自分の事で腰を痛めたわけでもないし、葡萄畑も好きだけど、
頑張ろうという気持ちを見事に折られたような。
さて自分の体(腰)は耐えきれるだろうか。
歩けなくなったり、再手術になったりしたら嫌だなぁ・・・。


8月23日 (日)  ボルドー液散布

晴れ時々曇り 最高気温22.9℃ 最低気温17.1℃

我が家の裏山に作った葡萄畑は1.6反、苗木は3品種244本。
予想していた通り、根をかなり切断して移植したストレスで、
3割くらいは枯れてしまっていて、葉のほとんど無くなった苗木もちらほら。
来春、また挿し木する必要があるところは農竹に印を付けておいた。
さて、その我が家の葡萄園にて、やらねばならないと思いつつ、
腰の痛みもあってなかなか行動に移せないでいたボルドー液散布を実施。
軽トラに水タンクを積んで水を溜め、
霧仙人という小型の電動噴霧機やペットボトルに作ったボルドー液、
バケツ、漏斗、ゴム手袋、ゴーグル、農業用マスクなどを積んで裏山へ。
ボルドー液と展着剤をバケツで希釈し、噴霧器に移し、
ゴーグルやマスク、ゴム手袋などを装備して噴霧開始。
一通り散布し終わることが出来た。

ちなみにボルドー液は農薬の一種であるものの、
葡萄では石灰硫黄合剤と共に、有機JASによって認められている農薬で、
安全で古典的な農薬だったりする。
だからこれらの農薬だけで栽培出来たとして、
さらに検査官の審査に合格して有機JAS認証を受ける事が出来たら、
それは有機栽培によるオーガニック果物となるわけだ。
理想を言えば、この有機JAS指定農薬のみでの葡萄栽培だけど、
果たしてそれが可能かどうか、検証してみようとも思っている。
ボルドー液は主にべと病・さび病・晩腐病に効果がある薬だけど、
ただそれだけじゃなく、木を引き締める作用があり、
植物ホルモンであるエチレンの分泌を促し、
葡萄の木そのものが持つ自然抵抗力を引き上げる力もあるそうだ。

さて、葡萄園の周囲にバラ線も張れ、ボルドー液散布も終わったので、
この裏山にポーレを再び放牧した。
レザンも傷が治ったので、我が家向かいの放牧地に放牧。
ただ、ようやくこれで葡萄園は一段落、とはならない。
まだ9月中に草刈りをしなきゃならないし、
場合によってはさらにボルドー液の散布と、
冬になる前に苦土石灰を散布しようと思っている。
さらに、端の杭の固定が出来次第、番線を張らなきゃならないし、
番線を張れたら、その番線に農竹を固定しなきゃならない。
やるべき作業が尽きる事は無い・・・。

20090823-1.jpg 20090823-2.jpg 20090823-3.jpg



8月22日 (土)  家電崩壊

晴れ時々曇り 最高気温23.9℃ 最低気温20.4℃

ここ何日かで家電が次々と壊れていく。
奥尻島へ移住してくる時に買った物ばかりなので、
それぞれまだ1年ちょっとしか使っていないのだけど・・・。
DVDデッキはDVDの再生・録画が出来なくなるし、
デジカメは起動できなくなるし、
洗濯機はリコールの対象となっている。
一度壊れ始めると連鎖反応のように壊れるのは勘弁して欲しい。
とりあえずDVDデッキよりもデジカメの方が大事なので、
ネットオークションで中古のデジカメを落札した。
あ〜あ、無駄な出費だ・・・。

午後、mikuさんとお母様がわざわざご挨拶に来て下さった。
引っ越してきたばかりの時って食料があんまりないだろうから、
畑で取れたズッキーニやナス、そして手作りバナナパンをお裾分け。
今後とも宜しくお願いします〜。


| 1 | 2 | 3 | 4 |